MailStore技術情報
目次
< All Topics
Print

MailStore Server 13.2の新機能

新機能

パフォーマンスの改善

  • アーカイブストアのオプションを簡素化する事で、パフォーマンスを大幅に改善しました。
  • アーカイブストアの自動生成の条件を、月別など、指定する事ができるようになりました。
  • 検索結果のキャッシュ生成におけるパフォーマンスを改善しました。
  • WebAccessでのアーカイブ検索のパフォーマンスを改善しました。

1サーバーあたり2000名までのアーカイブに対応

  • 従来、1サーバーあたり500名までのユーザーへ利用が制限されておりましたが、1サーバーあたりのユーザー数が2000名まで対応できるようになりました。大規模環境でも、サーバーを物理的に分ける事なく一元管理が行えるようになりました。

検索エンジンのアップデート

  • 従来、MailStoreでは、添付されたPDFファイルの検索へ、AdobeのiFilterを使用していましたが、AdobeがiFilterの開発中止を発表したため、外部のコンポネントへ依存せず、PDF検索が行えるよう、検索エンジンをアップデートしました。

前の記事 MailStore Home 13.0の新機能