MailStore

あらゆるメールシステムに対応したMailStoreのアーカイブ

あらゆるメールシステムに対応

メールシステム>

MailStore Serverでは、目的に応じて様々なアーカイブ方法を提供しています。

メールアーカイブ〜目的別選定のポイント
IMAPやPOP3でアクセスできるシステムには

IMAP/POP3によるメールアーカイブ

MailStore Serverから既存のメールサーバへIMAPやPOP3などでアクセスし、メールを取得します。IMAPやPOPでアクセスできるメールサーバーであれば既存環境を変えずにメールアーカイブを行えます。





Office 365やExchangeサーバーには

ジャーナルメールボックスとの連携によるメールアーカイブ

MailStoreはジャーナルメールボックスからのメールアーカイブに標準で対応しています。ジャーナルメールボックスからアーカイブしたメールもMailStore上でユーザー毎に振り分けられますので、ユーザーが自分のメールにのみアクセスすることができます。 またアーカイブされたメールデータは添付ファイル付のレポートではなく、通常のメールと同じように参照することができますので、 簡単に必要なメールを探し出すことができます。





MDaemon Messaging Serverには

MDaemonのユーザー情報連携によるメールアーカイブ

MailStoreはMDaemon Messaging Server向けの連携機能が充実しています。MDaemonのユーザー情報を同期し、自動的にアカウントを作成したり、認証の一元化が行えます。 また、アーカイブ設定にはMDaemon専用のウィザードも用意されており、簡単に設定することができます。





クライアントPCにある過去のメールアーカイブには

メールクライアントからの直接メールアーカイブ

MailStore クライアントをユーザーのPCへインストールすることで、OutlookやWindows Live Mail、Thunderbirdなどのメールクライアントから直接MailStore Serverへメールをインポートすることができます。既にユーザが取り込んでいるメールデータのアーカイブを取得したい場合やメールサーバを介さないでアーカイブを取得したい場合に便利です。





メールシステムの入れ替えなどサーバー側でアーカイブを行う際には

メールデータファイルの直接アーカイブ

MBOXやMSG形式のメールデータファイルを直接メールサーバー上からアーカイブする事ができます。





Gmailなどのクラウドサービスには

MailStore Proxyによるメールアーカイブ

メールクライアントとメールサーバとの間にMailStore Proxy Serverを配置することで、全ての送受信メールをアーカイブします。(対応プロトコルはSMTPとPOP3です)クラウド・ASPタイプのメールサービスをご利用のユーザ様にもお勧めの構成です。






ページトップへ


Copyright c 2013-2015 WarePortal