MailStore

MailStore Serverのライセンスについて


導入しやすいライセンス体系

メールバックアップ

メールアーカイブ製品は、国内でも多数あります。

しかしながら、最少ユーザー数は、実際のユーザー数(例えば、30ユーザー)であっても、

  • 50ユーザー版:96.0万円(税別)〜(C社:G製品:Standardモデル)
  • 200ユーザー版:100万円(税別)〜(A社:W製品:スタンダードエディション)
  • が最小購入単位となり、実際のユーザー数よりも大きな初期導入費用がかかります。

     

    もし、これがMailStoreならば、最少単位の5ユーザー以上は、1ユーザー単位でお求め頂け、

  • 30ユーザーの場合、13.5万円(税別)
  • 42ユーザーの場合、18.9万円(税別)
  • 50ユーザーの場合、20.0万円(税別)
  • 200ユーザーの場合、60.0万円(税別)
  • 231ユーザーの場合、69.3万円(税別)
  • から始められます。

     

    このように、MailStoreは、初期の導入費用を抑えて、導入することが可能な製品なのです!

    MailStoreのライセンス体系

    ライセンスのカウント方法

    MailStore Serverのライセンスは、メールのアーカイブを行わなくても、アーカイブへのアクセスを必要するユーザー(例. 監査用のユーザー)についてもユーザー数としてカウントされます。 共有メールボックスやパブリックフォルダのアーカイブについては追加のライセンスは必要ありません。 なお、ご購入時よりも従業員数が増えた場合は、追加のユーザー数分のライセンスをご購入いただく必要があります。

    必要となるライセンス数の例

    個別ユーザー毎に各自のメールボックスをアーカイブする場合

    アーカイブを取得するユーザー数分のライセンスが必要となります。
    右の例では、合計3ユーザー分のライセンスが必要です。


    管理者から複数のメールボックスをアーカイブする場合

    基本的に管理者アカウントのみで運用する場合でも、アーカイブしたいメールボックス数分のユーザーライセンスが必要となります。
    右の例では、合計3ユーザー分のライセンスが必要です。


    1ユーザーが複数のメールボックスをアーカイブする場合

    ユーザーが複数の自身のメールボックスからアーカイブを行う場合、追加のライセンスは必要ありません。
    右の例では、ユーザーは自身のメールボックスを社内のメールサーバーとISPのメールサーバーに2つ持っています。この場合は1つのユーザーライセンスで両方のメールボックスからアーカイブすることができます。


    複数台のサーバーに分散して運用する場合

    MailStore Serverでは、構成を変更する事なく、1台のサーバーで複数年のアーカイブを取得する最大ユーザー数を、500ユーザーと定義しています。

    このため、例えば1000ユーザーの環境でMailStore Serverをご利用の場合においては、1000ユーザーライセンスのご発注時に、サーバーの台数と、それぞれのサーバーへ登録する予定のユーザー数を併せてお知らせ下さい。

    例えば、1000ユーザーの環境で、MailStore Serverを3台のサーバーへインストールし、それぞれ500, 300, 200ユーザーを登録する予定の場合は、1000ユーザー用のマスターライセンスに加え、サーバー3台分のライセンスキーをご案内します。追加料金は発生致しません。



    ライセンスの種類

    • 新規: 新規にご購入頂く際のライセンスです。
    • 更新: 現在サポート契約中のライセンスを、サポート期間内に更新する際のライセンスです。
    • 再開: 現在サポート契約中のライセンスを、サポート期間満了後に再契約する際のライセンス
    • 新規ライセンス

      ご使用になるユーザー数分のライセンスが必要となります。(ご注文は最少5ユーザーからです。)
      新規にご購入頂く際のライセンスには1年間もしくは2年間のサポート期間が含まれます。
      ライセンスはご購入後、MailStoreの管理画面もしくはWebブラウザを使用してアクティベーションを行う必要があります。
      ご注文の際には、ライセンス登録に必要な情報を、「購入申請書」へご記載の上、Faxまたはメールにてお送り下さい。
      なお、サポート期間は、ライセンス発行と同日に開始致しますので、(運用開始日までの日数が空いている場合など)ライセンス発行日の調整が必要な場合は、その旨をお知らせ下さい。

      更新ライセンス

      既にライセンスをお持ちのお客様が、サポート契約期間内に、契約を延長する際には、更新ライセンスが適用されます。サポート更新期日を過ぎた場合、サポート再開費用でサポートをご購入頂く必要がございます。
      契約期間中は以下の製品保守サポート及び権利が提供されます。

      • 製品についてのお問合せ(お問合せ窓口はメールもしくは専用サポートページをご用意)
      • 修正パッチの提供
      • 最新メジャーバージョンへのアップグレード
      • ユーザー数の追加購入

      再開ライセンス

      既にライセンスをお持ちのお客様が、サポート契約期間を満了後、再契約を行う際には、再開ライセンスが適用されます。
      サポート再開の場合は、サポート期間の遡りはなく、サポート再開のご注文日から1年間のサポートとなります。

      ユーザー数の追加について

      購入当初から従業員数が増えたなどの場合に、既にお持ちのライセンスにユーザー数を追加することができます。
      追加ユーザーライセンスは必要数分をご購入いただくことができます。(ご注文は最少5ユーザーからです。)
      適用される価格帯は、追加後の合計ユーザー数が適用されます。
      例えば、現在300ユーザーライセンスをお持ちの場合で、100ユーザー分を追加でご購入いただく際は、合計400ユーザーとなりますので、「400〜799ユーザー」の価格帯が適用されます。
      なお、ユーザー数を追加した場合も、ライセンスのサポート有効期限は、既存のライセンスの期限が適用されますのでご注意ください。 例えば、既存のライセンスの有効期限が2014年1月31日であった場合、2013年8月1日にユーザーを追加購入しても有効期限は2014年1月31日のまま変わりません。
      また、ユーザー数を追加していただく場合は、サポート契約中である必要があります。

      ご購入の流れ

      ウェアポータル取扱製品は、当社や当社のオンラインショップ、または 当社販売パートナー様よりご購入頂けます。

      販売パートナー様からのご購入

      ウェアポータル取扱製品は、 当社販売パートナー様よりご購入頂けます。お見積り等につきましては、販売パートナー各社様へお問い合わせ下さい。

      当社からのご購入

      ウェアポータル取扱製品を当社からお買い求め頂くには、お見積りをご依頼いただくか、オンラインショップをご利用下さい。



      ページトップへ

    MailStore Home

    MailStoreのメリット

    メールアーカイブの目的

    MailStoreの価格とライセンス

    技術情報

    MailStoreをオンラインで購入
    大将のネタ帳
    メールアーカイブ関連の記事です。
    是非ご覧ください。
    MailStore資料ダウンロード
    Copyright c 2013-2015 WarePortal