Exchangeサーバー/Office365のアーカイブ

MailStore Serverを使っているお客様の多くが、Exchangeサーバーのご利用ユーザーです。

MailStoreによるExchangeサーバーのメールアーカイブについてご紹介します。

Exchange 2010の標準アーカイブ機能とMailStoreの使い分け

Exchange Server 2010には標準でアーカイブ機能が搭載され、且つ、SP1では、ユーザーの個人用アーカイブを、プライマリ メールボックスを持つデータベースとは別のメールボックス データベース上に持つ事ができるようになりました。

標準で搭載されているアーカイブ機能ではなく、MailStoreをお勧めするのは、次のようなご要望や環境のお客様です。


Exchange 2010のアーカイブデータへアクセスするためには、Outlook 2010またはOWA 2010必要になります。社内のExchangeサーバーを2010へアップデートしたからといって、OutlookやOWAが2010へアップデートされているとは限りません。 Outlook以外のメールクライアントやスマートフォン、その他上記以外のアクセス方法をご検討中の場合は、MailStoreをお勧めします。

Exchange 2010のアーカイブ機能を利用するには、対象サーバーがActive Directoryに属していて、更にプライマリメールボックスとして設定されている必要があります。 外部のドメインに属しているExchangeサーバーや、他のメールシステムのアーカイブを一元管理したい場合などには、MailStoreがお勧めです。

Exchange 2010のアーカイブデータへアクセスするためには、Outlook 2010またはOWA 2010必要になります。社内のExchangeサーバーを2010へアップデートしたからといって、OutlookやOWAが2010へアップデートされているとは限りません。 Outlook以外のメールクライアントやスマートフォン、その他上記以外のアクセス方法をご検討中の場合は、MailStoreをお勧めします。

用途別メールアーカイブ方法

 Exchange・Office365をご利用の場合、専用の設定ウィザードが用意されていますので、 アーカイブの設定も簡単です。

 メールの取得方法も用途に合わせて選択していただけます。

メールボックスの個別アーカイブ


 MailStoreには、メールアーカイブを簡単に取得できるよう設定ウィザードが付属しています。 ExchangeサーバーやOffice365をお使いの場合は、メニューの中から「Microsoft Exchange」を選択し、 ウィザードに従ってホスト名やログイン情報を設定画面の中で指定します。

複数メールボックスの一括アーカイブ


 MailStoreでは1ステップですべてあるいは複数のメールボックスを一括してアーカイブすることができます。 事前にExchangeまたはOffice 365で、すべてのメールボックスにアクセスするためのコンプライアンス対応メールボックスを用意します。 その後、MailStoreのメニューから「複数のメールボックス」を選択しウィザードを進めるだけで、 簡単に複数アカウントのメールデータをアーカイブすることができます。 アーカイブの取得するユーザーは必要に応じて一覧から選択する事もできます。


※Office 365のプランによっては、コンプライアンス対応メールボックス機能はご利用いただけませんのでご注意下さい。

ジャーナルメールボックスと連携したアーカイブ


 Exchange ServerやOffice 365に搭載されているジャーナル機能を使って、MailStoreでは全ユーザーの送受信メールを自動的にアーカイブする事ができます。Office365において、社内外の全送受信メールを自動的にアーカイブできる唯一の方法が、このジャーナルメールボックスと連携したアーカイブです。


※Office 365のプランによっては、ジャーナルメールボックス機能はご利用いただけませんのでご注意下さい。