MailStore Proxy

MailStore Proxyは無償でご利用頂ける、MailStore Serverのオプションコンポーネントです。

MailStore Proxyの仕組み

 MailStore Proxyは、外部のメールサービスとクライアント端末との間や、2台のメールサーバーの間など、メール経路上に配置します。 メールクライアントのSMTP/POPサーバー設定として、MailStore Proxyを指定して頂き、その後、例えばPOP3でメール受信を行うと、MailStore Proxyは、クライアントの代わりに、外部のメールサービスに対し、都度メール取得を代行して行います。


 MailStore Proxyでは、メールの送受信を代理で行うのと併せて、そのメールコピーをアーカイブ用に取得します。MailStore Serverは、MailStore Proxy上に保管されたメールを定期的に取得し、アーカイブとして保持します。この仕組みにより、POP3環境であっても、全メールのアーカイブが行えるようになります。

MailStore Proxyのご利用シーン

 MailStore Serverのアーカイブの取得は、定期的にメールサーバー上のメールを受信する事で行っています。このため、次のような環境や操作においては、全ての送受信メールの保管が困難になります。


  • POP3で運用しておりメッセージをサーバーに残さない設定にしている。
  • ユーザーが頻繁にメールボックスの中のメールを削除している。
  • 上記のような環境であっても、MailStore Proxyをご利用頂くと、送受信メールがもれなくアーカイブできるようになります。

冗長化による可用性の向上

 MailStore Proxyは送受信されるメールを漏れなくアーカイブすることができる便利なコンポーネントですが、メールの配信経路に配置されることになる為、MailStore Proxyが停止してしまうと、メールサービスに支障が発生する可能性があります。 2台のサーバー間におけるリアルタイムレプリケーションとフェイルオーバー機能を提供するクラスタ製品「ClusterReplica」を組み合わせることで、MailStore Proxyが単一障害点となること防ぎ、可用性を向上させることができます。

ClusterReplicaはサーバー冗長化をお考えのお客様におすすめです