MailStore Home

メールデータの移行やバックアップにも使えるパーソナル・メール・アーカイブ

自宅であっても、膨大なデータと重要な情報が含まれている電子メールデータは大変重要です。 MailStore Homeを使うと、例えば複数台のパソコンで取り込んだデータや、OutlookとThunderbirdで取り込んだそれぞれのデータを、全て一カ所で管理する事ができるようになります。


一カ所にまとめる先は、パソコン上の別ドライブでも、USBなどの外部メディアでも構いません。


MailStore Homeを使うと、メール紛失の心配がなくなり、遠隔地からも高速検索が行えるようになります。


  • 個人利用は無料です
  • 法人でのご利用をご希望の場合は、MailStore Serverを同じ用途でご利用頂けます。特殊な環境でのご利用等については、 お問い合わせ下さいませ。

個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ

MailStore Homeのメリット

全てのメールを一元管理

  • GmailやYahoo!Mailといったインターネットメールをまとめてアーカイブ
  • 全てのPOP3やIMAPメールボックスに対応
  • Microsoft Outlook XP, 2003, 2007, 2010, 2013
  • Microsoft Outlook Express、Windows Mail
  • Microsoft Exchange Server 2003, 2007, 2010, 2013メールボックス
  • Microsoft Office 365 (Exchange Online)
  • Mozilla Thunderbird and SeaMonkey
  • .EMLを始めとしたメールファイル形式に対応

メール紛失を防止

メールは不完全なデータバックアップやPSTファイルの破損、その他の技術的な問題によりなくなってしまう事が多くありますが、MailStore Homeを使うとそういった心配はなくなります。

アーカイブだけでなくいつでも復元

全てのアーカイブ済メールはいつでも専用機能ですぐに復元できます。この双方向のアーカイブと復元機能があるため、MailStore Homeはメールデータの移行にも多く使われています。

高速検索

MailStore Homeは独自データベースを使った高速検索に定評があります。メール本文や添付ファイルの中に含まれる文字列を、独自技術で高速検索します。

ワンクリックでのメール復元

メールはOutlookなどのメーラー上で、ワンクリックするだけでいつでも確認できます。

膨大なデータ量でも安全に管理

MailStore Homeは膨大なデータ量であっても電子メールを安全に保持・管理する事ができるよう設計されています。 これから先のメールだけでなく、これまでに蓄積された過去のメールデータも同じようにアーカイブできるのも大きな特徴です。

送受信メールをモバイルデバイスへアーカイブ

MailStore Homeでは「ポータブル」オプションで、パソコンへソフトをインストールする事なくUSBディスクやUSBメモリへ直接メールをアーカイブする事もできます。

個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ

MailStore Homeのインストール

MailStore Homeは次の手順でインストールします。

  1. ダウンロードしたファイルを実行します。 インストールウィザードが開きますので、"受諾"をクリックします。
  2. パソコンにインストールする場合は"このコンピュータにインストール"を、USBメモリ等にインストールする場合は"ポータブル版を他のディレクトリにインストール..." を選択し、"インストール"をクリックします。
  3. 下記画面が表示されるとインストールは完了です。"終了"をクリックして閉じます。

  4. 以上でインストールは完了です。

個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ

メールのアーカイブ(バックアップ)方法

MailStore Homeを起動し、Eメールのアーカイブをクリックします。 この画面から、メールのアーカイブ(バックアップ)タスクを作成します。このタスクのことを「プロファイル」と呼びます。



アーカイブを行うには、作成したプロファイルを実行します

「保存されたプロファイル」から、プロファイルを選択してダブルクリック、または"実行"をクリックするとアーカイブが実行されます。

また"デスクトップにショートカットを作成"をクリックすると文字通りデスクトップにショートカットが作成されますので、以降は アイコンをダブルクリックするだけでアーカイブを実行することができます。



以下の方法でアーカイブできます。

  • メールサーバーへのアーカイブ
  • メールクライアントへのアーカイブ
  • アーカイブの自動化
   設定方法についてはこちらから   

個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ

MailStore Homeを起動し、次のどちらかをクリックします。


  1. 画面左上のクイック検索
  2. Eメールの検索

検索欄にキーワードを入力し、Enterキーを押すか、"検索"をクリックします。



主な検索方法は以下の通りです。

  • 特定のキーワードで検索: *お問合せの件* ※ 日本語キーワードの場合は両端にワイルドカード*を指定します。
  • 特定のフレーズで検索: "MailStore home"
  • 除外キーワード: *資料のダウンロード* -*データシート* ※除外キーワードを「-」で指定します。

添付ファイルコンテンツの検索

WordやPDFといった添付ファイルの中身を検索するには、事前に添付ファイル検索の対象となるファイルを拡張子で指定しておく必要があります。 (指定された拡張子も元に検索インデックスが作成されるためです)

「管理ツール」メニューから、「添付ファイルのコンテンツの検索」の"変更"をクリックし、検索対象とするファイルの拡張子をスペース区切りで指定します。


個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ

メールのリストア方法

MailStore Homeを起動し、Eメールのエクスポート をクリックします。 アーカイブと同じく、エクスポート用にプロファイルを作成します。

エクスポート(リストア)先として、メールサーバー上のメールボックスもしくはメールクライアントが選択できます。メールクライアントは アーカイブした時のものと異なっていても構いません。

以下の方法でリストアできます。

  • メールサーバーへのリストア
  • メールクライアントへのリストア
  • リストアの自動化

   設定方法についてはこちらから   

個人利用無料のパーソナル・メール・アーカイブ