ClusterReplica-クラスタ・レプリケーションソフトウェア"

Home製品一覧ClusterReplicaClusterReplicaのフェイルバック

ClusterReplicaのフェイルバック

まずは、フェイルオーバー・フェイルバックについて改めてご説明します。

フェイルオーバーとは、クラスタリング環境にあるサーバーの中で、稼働しているシステムやサービスが何らかの原因で停止した時に、待機しているシステムが、処理中のタスクやサービスを引き継ぎ、システム全体としては24時間稼働を実現するシステムを意味します。

一方で、フェイルバックとは、クラスタリング環境で元々メインシステムとして稼働していたサーバーが、障害から復旧した際に、バックアップサーバーが引き継いでいるタスクやサービスを、改めて引き継ぐことを意味しています。

ClusterReplicaのフェイルバックオプション

ClusterReplicaはフェイルバックの方法についても、次の中からお客様の環境に合わせて選択・設定が可能です。

  • フェイルバックせず、クラスタ構成にも加わらない
    フェイルオーバーの際、メインサーバーはクラスタ構成から外されますが、こちらのオプションを選択した場合、メインサーバーが復旧しても、クラスタ構成に再度加わることはありません。フェイルバックする前に、復旧状態を確認する必要があるような環境では、こちらのオプションが役に立ちます。
  • フェイルバックせず、セカンダリとして稼働
    メインサーバーが復旧すると、その後はセカンダリステーションとして稼働します。復旧後すぐにクラスタが構成できるオプションです。
  • 稼働中のバックアップサーバーから更新データをコピーし、自動フェイルバック
    稼働中のバックアップサーバーに格納されている新しいデータを取得したのち、メインサーバーが元のようにメインサーバーとしてフェイルバックします。
  • 稼働中のバックアップサーバーから更新データをコピーせず、自動フェイルバック
    メインサーバーが復旧し次第、メインサーバーがもっていた古いデータで、バックアップサーバー上のデータを上書きし、レプリケーションとフェイルオーバーを行います。
ページトップへ
ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
Copyright c 2012-2020 WarePortal