ClusterReplica-クラスタ・レプリケーションソフトウェア"

Home製品一覧ClusterReplicaMSSQLのレプリケーション

MSSQLのレプリケーション

MS SQLのデータのレプリケーションは、データが処理される度に実行されます。

ClusterReplicaは、MSSQLサーバーをお使いの方へ、次の2つのクラスタリング方式を提供しています。

Active-Passiveモード
Active-Activeモード

デフォルトでは、Active-Passiveモードで、レプリケーションとフェイルオーバーが行われます。Active-Passiveモードの場合は、待機サーバーへ書き込みを行うため、待機サーバー上のMSSQLサービスは停止状態になります。メインサーバーに障害があったり、サービスが停止した際、SecondaryステーションのMSSQLが起動し、フェイルオーバーが行われます。

ページトップへ

レプリケーションセット

ClusterReplicaには、MSSQL, IIS, VMwareのデータレプリケーションやフェイルオーバー・フェイルバックがスムーズに行えるよう、これらのレプリケーションセットを標準パッケージしています。

もちろんこれらのレプリケーションセットは自分で作成することもできますが、MSSQLのレプリケーションは、これらのレプリケーションセットを使うことで簡単に行えます。

レプリケーションのテスト

ClusterReplicaは、設定を行った後、その設定でクラスタが正しく構成されているかどうかを確認するための、テストプログラムをパッケージしています。レプリケーションサーバーでフェイルオーバーが正しく行われているかどうか、また、その際正しくデータレプリケーションが行われているかどうか、といった確認が、1つの画面から行えるようになっています。

ページトップへ
ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
Copyright c 2012-2020 WarePortal