ClusterReplica-クラスタ・レプリケーションソフトウェア"

Home製品一覧ClusterReplicaClusterReplicaの動作環境

ClusterReplicaの動作環境

ClusterReplicaは以下のシステムに対応しています。

  • 最低2台のイーサネットで接続された Microsoft (2012/2008/2003/8/7)(32bit, 64bit対応)
  • メモリ: 128MB 以上
  • ハードディスク: 20GB 以上
  • サポートミドルウェア: IIS 6.0/7.0, Microsoft SQL server 2012/2008/2005/Express


Microsoft SQL データベースファイルのレプリケーションを行なうには

Microsoft SQL データベースファイルのレプリケーションを行うには、プライマリステーションへ ClusterReplicaをインストールする前に、デフォルトデータベース以外のすべてのデータベース構成をあらかじめセカンダリサーバーにも同一 に構成する必要があります

Tips: ネットワークの考え方

  • クラスタサーバーは、2台以上のコンピュータが一体となって、1システムとして機能します。クラスタに組み込まれたシステムは互いに連携しながら、1台がクライアントにとってのサーバーとして振舞います。サーバー間での内部連携をとりながら、クライアントへはサーバーとして通信を行なう設定が必要となります。
  • 2つのタイプの通信をするために、ClusterReplica Enterprise では次のように使い分けます。
  • Control IP - クラスタサーバー間での内部通信を行います。
  • Cluster IP - Windowsの仮想IPとして割り当てられ、クライアントからの接続に使われます。常にサービスを提供しているPrimaryステーションに割り当てられます。


ネットワークカードの数

  • ネットワークカードが1枚の時 - ネットワークカードを1枚しか持たないシステムへClusterReplica Enterprise をインストールする場合、クラスタ間の内部通信とクライアントへのサービス提供のための外部通信を1つのサブネットで両方行なうことになります。

    このような場合、クラスタ間の内部通信がクライアント・サーバー間の通信に常時影響を受けることが考えられ、データ処理スピードとデータ転送のセキュリティに問題があると考えられます。
  • ネットワークカードが 2枚の時 - クラスタを組むシステムにそれぞれネットワークカードが2枚ある場合には、クラスタ間の内部通信とクライアント・サーバー間の外部通信の分割することができます。そのため、クライアントへのサービス提供のためのトラフィックと完全に分離したクラスタ間の内部通信を確保することができます。

    例えば、:

    system1: 123.123.123.10, 195.2.1.74
    system2: 123.123.123.16, 195.2.1.75

    123から始まるサブネットでは、クラスタシステム間の内部通信を、195から始まるサブネットでは、クライアント・サーバー間の通信を行なっているとします。

    2枚のネットワークカードを使うことによって、セキュリティ面から見ると、内部通信と外部通信が分離されることよって、クラスタサーバー間の通信への干渉をなくし、データ転送が確実に行なえるようになります。

    見方を変えれば、ネットワーク上のクライアントから見たサーバーパフォーマンスは著しく向上するとも言えます。2枚のネットワークカードを使うことによるメリットは、まず最初にネットワークトラフィックを軽減できること。2つ目として、それぞれのIPアドレスを使って行なう役割の効率が向上します。
  • ページトップへ


ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
Copyright c 2012-2020 WarePortal