SecurityGatewayプリインストールモデル

SecurityGatewayプリインストールモデル

誤検知のない統合メールセキュリティを実現

  • SecurityGatewayは、メールの配信経路上にゲートウェイ型で配置する事により、通過するメールのウィルス、スパム、不正利用対策をまとめて行う事ができる、統合メールセキュリティ製品です。
  • 隔離されたスパムメールの情報は、検出時や一定時間毎に、メールの宛先ユーザーへ個々に通知され、通知を受けたユーザーは、自分専用の管理画面から、隔離されたメールの内容やログを確認し、スパムかどうかの振り分けを行う事ができます。
  • 人によって、メールがスパムかどうか判断する基準は異なる場合がありますが、SecurityGatewayはエンドユーザー毎に判定結果を学習するため、運用が進むにつれ、ユーザー毎のスパム判定精度も上昇します。

SecurityGatewayが選ばれる理由も併せてご参照下さい。

プリインストールモデルなら導入から運用開始までがスムーズ

メールセキュリティの導入には、アーカイブ機能の要件についてはもちろん、ハードウェアの選定、サイジング、導入から運用開始まで、スムーズに行えることが大切です。 また、ソフトウェアと別に、ハードウェアの選定、検証、導入などの手間やコストが発生します。 SecurityGatewayプリインストールモデルとは、メールセキュリティシステムをご検討されるお客様が、低コスト、かつスムーズに運用開始できるよう、IOデータ「HDL-ZWEC」シリーズにSecurityGatewayをインストールした状態でご提供するものです。

戻るページトップへ

SecurityGatewayプリインストールモデルの特長

  • 22種類の複合レイヤーでウィルス・スパム・不正利用からメール環境を保護
  • エンドユーザーが個々にスパムメールを確認・判定
  • エンドユーザー毎の判定結果学習機能により、運用が進むにつれスパムの判定精度も向上
  • ハードウェアの選定やキッティングにかかる時間を大幅に短縮
  • ハードウェア本体は、手のひらサイズのアイ・オー・データ「HDL-ZWEC」シリーズに、ハードウェア状態監視サービスとオンサイト保守も付属。
  • RAID1構成でディスク容量1TB (実ディスク容量2TB)。
戻るページトップへ

SecurityGatewayプリインストールモデルの価格と製品構成

SecurityGatewayプリインストールモデル: オープン価格

  • SecurityGatewayユーザライセンス: 50/100/300からお選び下さい
  • アイ・オー・データHDL-Z2WE2C: オンサイト保守付
価格例はこちらから

SecurityGatewayは1年毎のサブスクリプションライセンスです。製品のご利用方法や障害についてのお問合せ窓口、アップデート権利、ウィルスのパターンファイルのご提供が含まれています。

 

 HDL-Z2WE2Cのオンサイト保守サービス(ISS-PROシリーズ)についての詳細は、下記ページをご覧ください。

   

 http://www.iodata.jp/support/service/iss/service/maintenance/pro/

戻る    ページトップへ

保守、サポート内容

ソフトウェア保守内容

  • メジャー・マイナーを問わずにアップデートを行う権利
  • 製品のご利用方法や障害についてのお問合せ窓口
  • ウィルスのパターンファイル自動ダウンロード

ハードウェア保守内容

  • ハードウェア保証期間内の故障時、修理、交換(取扱説明書にのっとって正常なご利用の場合)
  • ハードウェア状態管理サービスNarSus(ナーサス)
戻るページトップへ

Copyright c 2013-2015 WarePortal