Security Gateway for Exchange/SMTP servers
Home製品一覧SecurityGateway for Exchange/SMTP serversSecurityGatewayのブラックリスト・ホワイトリスト

SecurityGatewayのブラックリスト・ホワイトリスト

特定のドメインからのメールを拒否、もしくは許可する場合は、ブラックリスト・ホワイトリストをそれぞれ使用します。

ブラックリスト

特定の差出元からのメールを拒否する場合、ブラックリストを使用します。ブラックリストは、IPアドレス、ドメイン名、ホスト名の何れかで指定することが可能です。ブラックリストは、CSVファイルへエクスポートしたり、CSVファイルから一括でインポートし、指定することも可能です。

ホワイトリスト

ホワイトリストは、ブラックリスト同様、IPアドレス、ドメイン名、ホスト名の何れかで指定することが可能で、メッセージをヒューリスティックとベイジアン、DNSBL、DKIM検証IMおよびその他セキュリティチェックから除外します。

メールの宛先ユーザーが、隔離メールをブラックリスト・ホワイトリストへ追加

ブラックリストの機能が搭載されていても、管理者がメールアドレスを個々に登録するのは、手間と時間が膨大にかかります。これを最小限に抑え、且つ、こうした機能を有効にご利用頂けるよう、SecurityGateway for Exchage/SMTP serversでは、宛先ユーザーが隔離内容を確認し、その後エンドユーザーによるスパム判定が行えるよう構成されています。

エンドユーザーは、メールで通知されたURLへログインし、隔離されたメールを、メール本文も含めて確認することができ、さらに、ブラックリスト/ホワイトリストのボタンをクリックするだけで、これらのメールを振り分ける事ができます。

ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal