Security Gateway for Exchange/SMTP servers

メールアーカイブ

SecurityGatewayは、送受信したメール全てのコピーをデータベースへ保持します。このアーカイブされたメールデータは、いつでもブラウザから確認する事ができます。

拒否された理由を含むメール配信の詳細表示

SecurityGatewayを経由したメールは、配信されたものも、されなかったものも、全てブラウザからご確認頂けます。管理者権限であっても、アーカイブされたメールの削除はできません。例えば、届くはずのメールが届かない、といった場合でも、全てのメールが確認できるので、『知らない間にスパム扱いされていた』という事がなくなります。

  • 正常に処理されたメールはもちろん、拒否されたメールや隔離されたメールについても、メール本文やセッション情報、拒否・隔離の理由も、この画面から確認が行えます。
  •  

  • 個々のメッセージを選択し、スパムかどうかを選択したり、ホワイトリストやブラックリストへ追加することも可能です。

 

ページトップへ

ユーザー権限によって異なるログ表示

SecurityGateway for Exchange/SMTP serversは、ユーザーの権限を、次のように区別しています。ログインしたユーザーの権限に応じ、確認できるメールアーカイブの対象ユーザーが異なってきます。

1. 一般ユーザー: 自分のメールを確認・管理

一般ユーザーは、自分の送受信メールに対し、次の事が行えます。

  • 送受信メールの一覧表示と、各メール内容の確認
  • 送受信メールの検索
  • メール毎にスパムメールかどうかの判定と指定
  • 送受信したメールや拒否されたメールの解放や再送
2. ドメイン管理者: ドメインに属するユーザーメールを確認・管理

ドメイン管理者は、自分の送受信メールを含む、ドメインユーザーのメールに対し、次の事が行えます。

  • 送受信メールの一覧表示と、各メール内容の確認
  • 送受信メールの検索
  • メール毎にスパムメールかどうかの判定と指定
  • 送受信したメールや拒否されたメールの解放や再送
3. 管理者: 全ユーザーメールを確認・管理

管理者は、自分の送受信メールを含む、全ユーザーのメールに対し、次の事が行えます。

  • 送受信メールの一覧表示と、各メール内容の確認
  • 送受信メールの検索
  • メール毎にスパムメールかどうかの判定と指定
  • 送受信したメールや拒否されたメールの解放や再送
ページトップへ


監査などの目的で、期間毎でのアーカイブや外部デバイスへのアーカイブをご検討の方や、独立したメールアーカイブソリューションをお探しの場合はMailStore Serverをご検討下さい。