TOPへ↑
MDaemonメールサーバーソフトウェア
Home製品一覧MDaemon対応メッセージプロトコル

MDaemon Messaging Serverの対応メッセージプロトコル

MDaemonメールサーバーは、Pro/BlackBerryエディションをお使いの場合であれば、標準で下記プロトコル全てに対応しています。

送信メールプロトコル

SMTP

メール送信用のプロトコルで、最も広く使われています。SMTPは、標準では認証機能を持たないため、ネットワーク構成によっては、スパムメールの踏み台にされる恐れがあります。こうした場合に用いられる、SMTP authや、POP before SMTPにも、MDaemonでは標準対応しています。

合わせて、SMTPを使ったメール送信経路を、SSLやSTARTTLSで暗号化する事も簡単にできます。通信する先のサーバーがSSLやSTARTTLSへ対応している場合のみ暗号化する、といった、柔軟な設定も行えます。

ページトップへ


受信メールプロトコル

MDaemonでのPOP3とIMAPの選択

メールの受信方法はPOP3又はIMAPで、どちらか又は両方を、簡単に選択してご利用頂けます。選択はユーザー毎はもちろん、テンプレートとして設定しておくことで、自動登録するユーザーに対しても柔軟に設定が行えます。

MDaemonでのPOP3とIMAPの選択
POP3

メール受信用のプロトコルで、最も広く使われています。Outlookなどのメーラーでメールを受信し、受信したパソコン上にメールを保持するものです。

SSLで通信を暗号化するPOP3sや、ダイアルアップ接続の環境において、ドメイン宛のメールを一括で取り込むDomainPOPといった機能も合わせてご利用頂けます。

ページトップへ


IMAP

先ほどのPOP3同様、メール受信用のプロトコルです。POP3が、メールを各ユーザのパソコンで管理するのに対し、IMAPはメールデータをサーバ側で管理し、各ユーザはサーバ上のメールボックスへアクセスし、メールの保存や管理を行います。ウェブメールなど、場所を問わずどこからでも同じメールデータにアクセスしたいような場合は、通常POP3ではなくIMAPが使われています。

SSLで通信を暗号化するIMAPsも、標準でご利用頂けます。

ページトップへ


関連製品・オプションライセンス
取扱い製品のご紹介
WarePortal