MDaemonのバージョンアップ

MDaemonは、できるだけシンプルに、最新バージョンへアップデートが行えるよう設計されています。MDaemonのバージョンアップ方法について説明しています。

プログラムはライセンスキーを入力する事で製品版としてお使い頂けます。

MDaemonでは、ご使用頂いているご環境別に次の方法でのバージョンアップがご使用頂けます。

   
        
  • インターネットに繋がるご環境でご使用のMDaemonのバージョンアップ(オンライン環境)
  • インターネットに繋がらないご環境でご使用のMDaemonのバージョンアップ(オフライン環境)


事前準備

事前準備として、MDaemonライセンスの確認、インストーラーの取得を行います。また、MDaemonのインストールフォルダ(デフォルトではC:\MDaemon)をバックアップしておきます。

※オフライン環境(インターネットに接続不可の環境)でのバージョンアップの場合は別途事前準備がございます。

サポート期間の確認

MDaemonを最新版へバージョンアップを行う前に、サポート期間内であることを確認してください。MDaemonのサポート期間の確認方法は以下のURLをご参照ください。

MDaemonのサポート期間やお使いのバージョンの確認方法


現在お使いのバージョンが、ライセンス情報と併せて確認できますので、ご利用バージョン毎にアップデートに関する注意点がないかどうかを、下記URLにてご確認下さい。

MDaemonのバージョンアップに関するFAQ

設定ファイルのバックアップ

インストールフォルダ全体のバックアップの他に、必要に応じた設定情報のバックアップを取得してください。

  • MDaemonの設定のみをバックアップする場合 - MDaemonインストールフォルダの中のAppサブフォルダを別の場所へコピーしてください。
  • MDaemonの設定とメールデータをバックアップする場合 - MDaemonインストールフォルダの中のApp, Public Folders, Usersの3つのサブフォルダを別の場所へコピーしてください。
  • MDaemonの設定とメールデータ、スパムフィルタ設定、スパムメールの学習結果をバックアップする場合 - MDaemonインストールフォルダの中のApp, Public Folders, Users, SpamAssassinのサブフォルダを別の場所へコピーしてください。

バージョンアップ時の注意事項

もしもIISを使ってWorldClient, WebAdmin, SyncMLを稼働させている場合は、これらをバージョンアップ前に、IIS設定画面で「停止」してください。稼働させたままバージョンアップを行うと、バージョンアップが完了した後、MDaemonサーバーの再起動を求められます。

バージョンアップ

最新版のインストーラーを実行すると、アップグレードかどうか聞かれるので、アップグレードを選択して下さい。アップグレードが完了したら、MDaemonを起動し、ライセンス情報が正しく登録されている事と、メールが正常に処理されていることを確認してください。

  1. MDaemonのインストールフォルダ(デフォルトではC:\MDaemon)をバックアップします。
  2. MDaemonの最新版プログラムを以下のどちらかからダウンロードします。

    製品をご購入前のお客様 : 評価版ダウンロードページ
    製品をご利用頂いているお客様 : カスタマーポータル
  3. 最新版のプログラムを上書きインストールします。上書きインストールを行うため、MDaemonが元々インストールされていたフォルダと同じ場所をインストール先として選んでください。

元のバージョンへの切り戻し

次の手順によって元のバージョンにダウングレードすることができます。


※1MDaemon19.5.0バージョン以上のバージョンをご使用のご環境にて19.5.0未満のバージョンに切り戻す場合、切り戻しの手順が変わってまいりますので[元のバージョン切り戻し(19.5.Xバージョンの場合)]をご確認下さい


※2切り戻しの際のご注意点と致しまして、バージョンアップ後に次の作業を実施した場合、状態がバージョンアップ前に戻ってしまいますのでご注意下さいませ。
  

  • MDaemonの各種設定
  • ユーザー追加/削除
  • メーリングリスト追加/削除
  • グループ設定全般

  1. 評価版ダウンロードページから以前のバージョンのインストーラをダウンロードしてください。
  2. Windows スタートメニューから[プログラム | MDaemon | MDaemonを停止 ]を選び、MDaemonを停止します。
  3. タスクマネージャのプロセスタブを開きます。次のプロセスが停止しているか確認してください。

    MDaemon.exe
    CFEngine.exe
    MDSpamD.exe
    WorldClient.exe
    WebAdmin.exe
  4. サーバーでMDaemonフォルダを開きます。注意:デフォルトではC:\MDaemonですが、過去のインストールによってフォルダの場所は異なる場合があります。
  5. 次のフォルダのバックアップを、任意の場所へと保存します。     

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

  6. バージョンアップ(元のバージョン)の際にバックアップしていた\MDaemonフォルダから、

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

    上記設定フォルダ毎に現在インストールされているMDaemonフォルダ下へ上書きコピーします。

    ※こちらの4つのフォルダ内の設定はバージョンアップ前の設定情報に戻ります為、ご注意下さいませ。

  7. ダウンロードした元バージョンのインストーラを実行し、MDaemonが現在インストールされているフォルダと同じ場所へインストールされることを確認します。さらに、インストール終了画面で[MDaemonを開始する]オプションを解除してください。
  8. MDaemonを開始してください。

元のバージョンへの切り戻し(19.5.Xバージョンの場合)

 

※切り戻しの際のご注意点と致しまして、バージョンアップ後に次の作業を実施した場合、状態がバージョンアップ前に戻ってしまいますのでご注意下さいませ。
  

  • MDaemonの各種設定
  • ユーザー追加/削除
  • メーリングリスト追加/削除
  • グループ設定全般

  
     
  1. 評価版ダウンロードページから以前のバージョンのインストーラをダウンロードしてください。
  2.    
  3. Windows スタートメニューから[プログラム | MDaemon | MDaemonを停止 ]を選び、MDaemonを停止します。
  4.    
  5. タスクマネージャのプロセスタブを開きます。次のプロセスが停止しているか確認してください。    

    MDaemon.exe
    CFEngine.exe
    MDSpamD.exe
    WorldClient.exe
    WebAdmin.exe
  6.   
  7. サーバーでMDaemonフォルダを開きます。注意:デフォルトではC:\MDaemonですが、過去のインストールによってフォルダの場所は異なる場合があります。
  8.   
  9. 次のフォルダのバックアップを、任意の場所へと保存します。     

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

  10. バージョンアップ(元のバージョン)の際にバックアップしていた\MDaemonフォルダから、

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

    上記設定フォルダ毎に現在インストールされているMDaemonフォルダ下へ上書きコピーします。

    ※こちらの4つのフォルダ内の設定はバージョンアップ前の設定情報に戻ります為、ご注意下さいませ。

  11.   
  12. ダウンロードした元バージョンのインストーラを実行し、MDaemonが現在インストールされているフォルダと同じ場所へインストールされることを確認します。さらに、インストール終了画面で[MDaemonを開始する]オプションを解除してください。
  13.     
  14. MDaemonサービスを開始します。※初回サービス開始時に再度ライセンスキー及びユーザー情報の入力を求めるポップアップが表示されるので、入力し再スタートからサービスを起動します。
  15.   
  16. オプション製品(AntiVirus,MDaemonConnector,ActiveSync)を使用している場合、サービス起動後MDaemon管理画面上部タブ[ヘルプ]->[MDaemon製品のライセンス登録]画面より各オプションタブを開き、各オプションのライセンス情報を入力し、サービスを再起動します。

インターネットに接続できない環境でバージョンアップ

※1オフライン環境でのバージョンアップの場合、オンライン環境とは違い開発元ライセンスサーバーとの通信が出来ない為、予めバージョンアップ後のバージョンのlicense.xmlファイルを生成する必要がございます。

 

※2MDaemon19.5.0バージョンへのバージョンアップを実施する場合、ライセンス情報の持ち方が変わった為、切り戻し用として必ず[Appフォルダ]か[MDaemon.ini]ファイルのバックアップをご取得頂く必要がございます。

      
  1. バージョンアップ後のMDaemonで使用する為のlicense.xmlファイルを準備する為、\MDaemon\Licenseフォルダのバックアップを取得します。
  2. 評価版ダウンロードページより、アップしたいバージョンのMDaemonインストーラーを起動します。
  3. インストーラーを進めるとインターネットに接続できない為エラーが発生しますので、その段階でインストーラーを終了します。
  4.   
  5. 手順3)でエラーを発生させた事で、\MDaemon\Licenseフォルダ内にございます[license_request.xml]ファイルが最新の情報で上書きされるのでそちらのファイルをコピーし、ウェアポータルサポート窓口へと送ります。
  6.  
  7. license_request.xmlファイルを送ってから2-3営業日程でアップ後のバージョンに使用できる[license.xml]ファイルをサポート窓口よりご案内します。
  8.  
  9. 送られてきたlicense.xmlファイルを\MDaemon\Licenseフォルダ内へと上書きコピーします。
  10.   
  11. コピーが完了しましたら再度MDaemonインストーラーを起動する事で、エラーなくインストールが完了します。
  12.   
  13. バージョンアップが完了しましたらMDaemon管理画面を開き、各種設定等の確認を行い、問題があった場合ウェアポータルサポート窓口へとご連絡下さい。

インターネットに接続できない環境で元のバージョンへの切り戻し

次の手順によって元のバージョンにダウングレードすることができます。


※1MDaemon19.5.0バージョン以上のバージョンをご使用のご環境にて19.5.0未満のバージョンに切り戻す場合、切り戻しの手順が変わってまいりますので[インターネットに接続できない環境で元のバージョンへの切り戻し(MDaemon19.5.Xの場合)]をご確認下さい


※2切り戻しの際のご注意点と致しまして、バージョンアップ後に次の作業を実施した場合、状態がバージョンアップ前に戻ってしまいますのでご注意下さいませ。
  

 
  1. Windows メニューから[コントロールパネル]->[管理ツール]->[サービス]を開き、その中のMDaemonサービス及び関連サービスを停止します。
  2. タスクマネージャのプロセスタブを開きます。次のプロセスが停止しているか確認してください。

    MDaemon.exe
    CFEngine.exe
    MDSpamD.exe
    WorldClient.exe
    WebAdmin.exe
  3.   
  4. \MDaemon\Licenseフォルダ内を開き、現在のバージョンの[license.xml]ファイルを別の場所へと移します。
  5.   
  6. バックアップで取得していた元のバージョンの[license.xml]ファイルを\MDaemon\Licenseフォルダ内へ上書きします。
  7. 次のフォルダのバックアップを、任意の場所へと保存します。     

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

  8. バージョンアップ(元のバージョン)の際にバックアップしていた\MDaemonフォルダから、

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

    上記設定フォルダ毎に現在インストールされているMDaemonフォルダ下へ上書きコピーします。

    ※こちらの4つのフォルダ内の設定はバージョンアップ前の設定情報に戻ります為、ご注意下さいませ。

  9. バージョンアップ前に使用していたMDaemonインストーラを実行します。
  10. MDaemon管理画面を開き、各種設定が戻っていることを確認します。
  11.  

インターネットに接続できない環境で元のバージョンへの切り戻し(MDaemon19.5.Xの場合)

 

MDaemon19.5.0以上のバージョンからそれ以下のバージョンへ切り戻しを実行する場合、これまでのバージョンとは切り戻し方法が変わります。

  
  1. Windows メニューから[コントロールパネル]->[管理ツール]->[サービス]を開き、その中のMDaemonサービス及び関連サービスを停止します。
  2. タスクマネージャのプロセスタブを開きます。次のプロセスが停止しているか確認してください。

    MDaemon.exe
    CFEngine.exe
    MDSpamD.exe
    WorldClient.exe
    WebAdmin.exe
  3. 事前準備にてバックアップしていたAppフォルダ内より、[MDaemon.ini]ファイルメモ帳等で開きまして、その中の[Registration]セクションごと、パラメータ情報をコピーします。
  4.   
  5. 現在使用している\MDaemon\App\MDaemon.iniファイルをメモ帳等で開き、コピーした内容をファイルの下に追加し、上書き保存にて保存します。
  6.   
  7. \MDaemon\Licenseフォルダ内を開き、現在のバージョンの[license.xml]ファイルを別の場所へと移します。
  8.   
  9. バックアップで取得していた元のバージョンの[license.xml]ファイルを\MDaemon\Licenseフォルダ内へ上書きします。
  10. 次のフォルダのバックアップを、任意の場所へと保存します。     

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

  11. バージョンアップ(元のバージョン)の際にバックアップしていた\MDaemonフォルダから、

    App
    SpamAssassin
    WorldClient
    WebAdmin

    上記設定フォルダ毎に現在インストールされているMDaemonフォルダ下へ上書きコピーします。

    ※こちらの4つのフォルダ内の設定はバージョンアップ前の設定情報に戻ります為、ご注意下さいませ。

  12. バージョンアップ前に使用していたMDaemonインストーラを実行します。
  13. MDaemon管理画面を開き、各種設定が戻っていることを確認します。

最新バージョンへのアップデートをぜひご検討下さい。