ActiveSync for MDaemon

ActiveSync for MDaemonとは

MDaemonのオプションライセンスであるActiveSync for MDaemonは、MDaemon専用のActiveSyncサーバー機能です。ActiveSync対応スマートフォンのデフォルト予定表や連絡先に、ActiveSync Over-the-air (OTA) プロトコルを使って、MDaemonサーバー側で管理しているユーザー別のデータを、同期できるようになります。

iPhoneやiPad, アンドロイドといったスマートフォンをお使いの方や、複数機種のスマートフォンが数台づつ混在しているような環境の方でも、MDaemonを使って一元管理する事ができるようになります。スマートフォン側に同期するためのソフトウェアを追加インストールする必要はなく、デフォルトの機能のままお使い頂けます。

ActiveSync for MDaemonのメリット

  • 異なる機種が混在していてもMDaemon1つで管理

    社内、もしくは個人でも、キャリアの異なるスマートフォンを複数お持ちの場合があります。こうした場合でも、ActiveSync for MDaemonは、1つの管理画面から、複数デバイスをまとめて管理する事ができます。iPhoneとAndroidを一元管理する事ができます。

  • エージェントのインストールが不要

    エンドユーザーがそれぞれのスマートフォンへエージェントソフトをインストールするのが難しい場合が多くあります。ActiveSync for MDaemonは、iPhoneやAndroidへ標準搭載されている予定表や連絡先機能と連携するため、独自のエージェントソフトをインストールする必要がありません。エンドユーザーで行う処理が最小限で済むため、導入までの時間を大幅に短縮できます。

  • データだけを削除するソフトワイプも搭載

    端末を紛失した際には、管理者だけでなくエンドユーザーも端末をリモートで初期化する事ができます。この時、工場出荷時の状態に戻す「ワイプ」ももちろん可能ですが、更にActiveSync for MDaemonでは、アプリはそのままで、データのみを初期化する「ソフトワイプ」も行えます。アプリを削除する必要も、管理者を経由する必要もないので、モバイル端末のセキュリティを社内へ浸透させやすくなります。

ActiveSync for MDaemonの機能

MDaemonのオプションライセンスであるActiveSyncサーバーライセンスをご購入頂くと、スマートフォンとMDaemonとの間でメールや連絡先、予定表の自動配信が行えます。

メール

会社宛のメールをスマートフォンの「Eメール」へプッシュ配信

予定表

会社で登録した予定のスマートフォンへの自動登録

連絡先

共有連絡先に登録された連絡先情報をスマートフォンの「連絡先」に自動登録

セキュリティポリシーの配布

セキュリティポリシーを設定し、同期のタイミングで適用できます。

リモートワイプ

管理者か利用者本人が紛失時にリモートから端末を工場出荷時へ戻す事ができます。。

ソフトワイプ

アプリはそのまま、データだけを削除できるソフトワイプも行えます。


端末管理 MDaemon標準機能 ActiveSync for MDaemon
追加ソフトなしで、標準機能での同期   Yes
標準ブラウザを使ったWebメールへのアクセス Yes Yes
POP/IMAPを使ったメール受信 Yes Yes
http/httpsでの接続   Yes
サーバー側からのリモート初期化(リモートワイプ)   Yes
パソコンとの同期機能 MDaemon標準機能 ActiveSync for MDaemon
会社宛のメールをスマートフォンの「Eメール」へプッシュ配信   Yes
受信トレイ以外のメールフォルダ参照   Yes
スマートフォンから会社のメールアドレスでのメール送信 Yes Yes
共有連絡先に登録された連絡先情報をスマートフォンの「連絡先」に自動登録   Yes
スマートフォンの「連絡先」に登録したデータを会社のアドレス帳へ自動登録   Yes
削除した連絡先情報のスマートフォン・会社間での双方向同期   Yes
会社で登録した予定のスマートフォンへの自動登録   Yes
スマートフォンで登録した予定の会社予定表への自動登録   Yes
削除された予定表データのスマートフォン・会社間での双方向同期   Yes

セキュリティポリシー

セキュリティポリシーは、約50種類用意されており、ドメイン毎やグループ毎にテンプレートを割り当てる事ができます。

機種別設定方法