世は大禁煙時代。

 

税金が上がり続け、私が若い時に200円代で買えたタバコは

500円を余裕で超えている。

 

飲食店などで喫煙席は徹底的に排除され、吸う事ができる店の方が稀。

 

駅前に設置されている仕切りに囲まれた公衆便所のような場所で

喫煙者共は肩を寄せ合い、煙を吐きあい、身を潜めて吸っている。

ほぼ囚人。ほぼ晒しもの。ほぼバカ丸出し。

 

お金もったいなくない?と、聞かれたらもったいないと答える。

健康に悪いよ?と、言われたらおっしゃる通りと答える。

なぜ吸うの?と、聞かれたらバカだからと答える。

 

そのバカの一員が私です。どうもこんばんは。

ちなみにタバコをやめる気は一切ないです!

 

閑話休題。

この前、カラオケをしにラウンドワンに行ったんです。

 

前まで部屋で吸いながら歌えたんですが

いつぞやのお国からの大号令でほとんどのお店で

部屋での喫煙が禁止になり、喫煙所へ行かなきゃ吸えないようになりました。

 

喫煙所はこのコロナの影響で2名までしか入室できない仕様。

ゆえに私を筆頭にこのご時世に喫煙を続けるバカが行列をなしている。

タバコを吸うための順番待ち。列に並んでるもの全員バカ。

 

で、やっと私の番が回ってきて喫煙所に入り

吸い始めると次に65歳ぐらいのおばあさん風味の方がご入室。

 

その年まで吸ってきたからにはもうやめるにやめられないでしょう。

 

お互い最後まで吸い続けましょうと心でエールを送りながら

楽しんでいると、2名制限なのに女の子が入ってきたんです。

 

身長135センチぐらい。

腰まで伸びる黒髪に、かなり大きめなグレーのTシャツを着ている。

ホットパンツらしきものを履いているんでしょうけど

Tシャツが大きくて履いているかどうかわからない。

安心していいのか安村さん!?

 

靴はボウリングシューズを履いていて、全体的にかなり細身の女の子。

推定年齢11歳ぐらいかな。間違いなくランドセルを背負っている。

 

ははんと。これは一緒に吸っているおばあちゃんの孫だなと。

2名制限の字が読めなかったんだなと。

おばあちゃんを追っかけて入ってきちゃったのか~と、見ていると

セブンスターを取り出し、ライターで火をつけ、煙を吐き出した少女。

 

 

 

 

How old are you!?

 

 

 

いやいやいや!待て待て待て!

ガキんちょがタバコ吸ったらいかん!

タバコは20歳からと口酸っぱく言われているだろう!?

そのタバコはどっから仕入れた!?ばあちゃんからパクったのか!?

 

おい、ばあちゃん!あんた孫にタバコ吸わせてる場合じゃないだろう!?

と、顔を見るとおばあちゃんも驚いた顔でこっちを見ている・・・

 

私「(この子、ばあちゃんの孫じゃねえの!?)

 

おばあちゃん「(違う違う!あんたの子供じゃないの!?)

 

私「(違う違う!見ず知らずの子!)」

 

おばあちゃん「(どうすんのこの状況?)」

 

私「(俺に訴えかけないで!おばあちゃん言ってよ!)」

 

おばあちゃん「(いやや!あたしは事なかれ主義なんや!)」

 

 

言葉にはなっていない。口も動かしていない。

おばあちゃんと視線を合わせているだけ。

 

ただ確実に私とおばあちゃんはつながり心と心で会話していた。

初対面とは思えない。運命すら感じるこの瞬間。赤い糸が見える。

 

このおばあちゃんとこのまま今夜はフォーリンラブ・・とか

バカな事考えている場合じゃねえ!

 

落ち着け。身長が低く体も異常に発育していない成人の可能性もある!

よく顔を見ろ!見るんだ~~~!!

 

ってメガネをカラオケに置いてきたままじゃねえか!

まったく見えやしねえ!

 

今すぐ誰か望遠鏡持ってこい!高いやつを大至急だ!

 

片目で0.1あるかないかの視力では顔の判別は不可能!

かといってまじまじと顔を見ながら少女へ近寄って行ったら

問答無用で喫煙室から取調室へステップアップしてしまいかねん!

 

動機は「若い子に興味があり、近寄ってしまいました」と

全国報道待ったなし!正確な理由が逆に誤解をこじらせるわ~!

 

私とばあちゃんが目と目で責任を押し付けあっていると

推定少女・推定ランドセルはタバコを灰皿に捨て、去って行ってしまった・・・

 

同時に湧き上がる衝動・・・

 

「ほんとに小学生だったのか確認したい・・・」

 

急いでカラオケの部屋へと向かい、メガネを装着。

同時に今遭った事を身振り手振りを加えて嫁に説明し

一緒に大捜索へと乗り出した。

 

あの推定少女はボウリングシューズを履いていた。

ということはボウリングをまだやっているはず!!!

 

名推理を元にボウリング場を捜索すると

先ほどの長い髪の毛のグレーのTシャツの推定少女発見!

 

どうも3歳ぐらいの子供と遊んでいる。

隣にはベビーカーがあり、ベビーカーの横には屈強なる男性が。

 

その男はパパなの?旦那なの?

その抱きかかえている子は妹なの!?娘なの!?どっちなの~!?

 

いざ答え合わせとちょっと回り込んでお顔を拝見すると・・・

 

 

 

 

マスクで目の下まで隠してて相変わらず判別不能!!!!

 

 

 

コロナの悪影響がこんなところまで!!!

おのれコロナ!!!!!

 

あまりに推定少女すぎる見た目だが

ベビーカーの隣にいる屈強な男性と会話している様子が

夫婦っぽくも見えない。

 

目元しか見えないがややメイクをしているように見える。

 

ただ今のご時世、メイクをしている小学生も普通にいる。

 

わからない・・・何度見てもわからない・・・・

 

せめて会話が聞こえるところまで近寄れば判明するかもだが

ボウリングシューズも履いてない怪しい夫婦が近寄るのはリスクが高すぎる。

 

うん、もう諦めようと。

見なかったことにしようと。

知らなくても問題ないし、知らなくていい事は世の中にいっぱいあるなと。

 

そう自分に言い聞かせ、捜索を打ち切りました。

心の中の未解決事件として。

 

知らなくていいことって世の中にほんとありますよね~。

弊社の女社長の体重とかね。健康診断の結果がちらっと見えちゃってね。

知らなきゃよかったわほんと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像も追加できます(JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

You may also like