EzRollback - 個人向けデータ自動バックアップソフトウェア

EzRollbackの活用例

自宅で利用する場合(USBドライブ、内蔵ハードドライブ)

≪導入のきっかけ≫
自宅でノートパソコンを利用していて、WordやPowerPoint、写真の保管などで使用しています。
このノートパソコンが壊れるとデータが消えてしまうため、バックアップ製品を導入したいと考えていました。


*ハードウェア
ノートパソコン(Windows XP),USBドライブ,内蔵ハードドライブ

*ファイルの種類とサイズ
Wordファイル,PowerPointファイル,写真(それぞれのファイルは50MB以下)

EzRollbackの設定

1.メインのEzRollback管理画面から、ナビゲーターバーのSync destination setupを選択し、
  Define Sync Destination Siteの画面を開きます。

   ※画面ではバックアップ先としてローカルドライブを参照し、デフォルト設定として他のオプションも選択しておきましょう。

2.メイン画面のナビゲーションバーへ戻り、
  Sync Set Configuration->Sync Set Setupを選択し、同期セットを追加します。

  バックアップ対象とバックアップ先のパスを設定した後、
  Backup Scheduleで2倍のデータ保護を行うための時刻を指定します。

バックアップ先

内蔵ハードドライブ,USBドライブ

バックアップしたファイルの復元方法

Windows Explorer又はEzRollbackウィザードを使ってファイルを復元できます。

LAN環境でのバックアップ

≪導入のきっかけ≫
自宅でお店を開いていて、SQLデータベースを受発注処理や日々の仕入管理に使っています。
これらのデータはとても重要で、消えてしまっては大変です。

そこで比較的安価なハードウェアをサーバーとして2台購入し、
1台は通常業務用のメインサーバー、もう一台はデータのバックアップ用サーバーとしました。
(どちらのサーバーも、同じネットワーク内にあります。)


*ハードウェア
メインサーバー(Windows 2003 32ビット),バックアップサーバー(Windows 2003 32ビット)

*ファイルの種類とサイズ
SQLデータベースファイルでサイズは約5GB

EzRollbackの設定

1.バックアップサーバーへXLink eStorageソフトウェアをインストールし、
  バックアップ用の容量を確保するためXLink eStorage Managerを起動します。

2.ダイアログボックスでeStroageサーバーのIPアドレスを指定します。

   ※デフォルトのestorage領域はC:\XLink eStorage Roomsと設定されていますが、必要に応じて変更もできます。

3.ローカルシステムで、ナビゲーターバーからSync destination setupを選択し、
  Define Sync Destination Siteの画面を開きます。

  XLink eStorage Account Setupをクリックし、
  バックアップ先として確保しておくドライブを選択します。

  遠隔地へのバックアップにこの方法を用いる場合は、ユーザー認証が必要です。

  Real-time backupのラジオボタンが自動でチェックされます。

4.メイン画面のナビゲーションバーへ戻り、
  Sync Set Configuration->Sync Set Setupを選択し、同期セットを追加します。

  バックアップ対象とバックアップ先のパスを設定した後、
  Backup Scheduleで2倍のデータ保護を行うための時刻を指定します。

バックアップ先

同じネットワーク内のバックアップサーバー

バックアップしたファイルの復元方法

Windows Explorer又はEzRollbackウィザードを使ってファイルを復元できます。

異なる場所(WAN)でのバックアップ

≪導入のきっかけ≫
ISP企業のIT管理者として働いているAさん。
SQLデータベースとウェブデータを、ローカルバックアップサーバーと異なる場所にあるリモートバックアップサーバーの両方へバックアップする必要がありました。


ハードウェア
・プライマリーサーバー(Windows 2008 64ビット)
・バックアップサーバー1(Windows 2008 64ビット)
・バックアップサーバー2(Windows 2003 32ビット)

ファイルの種類とサイズ
データベースのファイルサイズは約30GB,ウェブサイトファイルは約500,000ファイル

EzRollbackの設定

1.バックアップサーバーへXLink eStorageソフトウェアをインストールし、
  バックアップ用の容量を確保するためXLink eStorage Managerを起動します。

2.ダイアログボックスでeStroageサーバーのIPアドレスを指定します。

   ※デフォルトのestorage領域はC:\XLink eStorage Roomsと設定されていますが、必要に応じて変更もできます。

3.ローカルシステムで、ナビゲーターバーからSync destination setupを選択し、
  Define Sync Destination Siteの画面を開きます。

  XLink eStorage Account Setupをクリックし、
  バックアップ先として確保しておくドライブを選択します。

  遠隔地へのバックアップにこの方法を用いる場合は、ユーザー認証が必要です。

  Real-time backupのラジオボタンが自動でチェックされます。

4.メイン画面のナビゲーションバーへ戻り、
  Sync Set Configuration->Sync Set Setupを選択し、同期セットを追加します。

  バックアップ対象とバックアップ先のパスを設定した後、
  Backup Scheduleで2倍のデータ保護を行うための時刻を指定します。

バックアップ先

同じネットワーク内のバックアップサーバー1へバックアップ
異なる場所にあるバックアップサーバー2へバックアップ

バックアップしたファイルの復元方法

Windows Explorer又はEzRollbackウィザードを使ってファイルを復元できます。

ページトップへ
 
Copyright c 2013-2015 WarePortal