skip to Main Content

最新バージョン: 8.5.2

SecurityGateway 8.xは、セキュリティ機能のアップデートに加え、添付ファイルを実際には添付せずに安全に相手に送る新機能を搭載しました。PPAPに代わる盗聴対策として便利にご利用いただけます。

注意事項

  • 32bit版が終了しました。SecurityGateway 8.5.0からは、64bit版のみのご提供となります。現在64bit OS上で32bit版のSecurityGatewayをご使用の場合、64bit版のSecurityGatewayを上書きインストールするだけで、64bit版へ切り替えることができます。

セキュアメッセージポータル

新機能のセキュアメッセージシステムとは、条件に合ったメールを、実際に送信するのではなく、専用ポータルサイトへ格納し、受信者へ通知を行います。通知を受け取った受信者は、ポータルサイトへアクセスして、自分宛のメールを確認します。

実際にメールを送信していないため、PPAPの目的でもあった盗聴のリスクや、ファイルサイズによるメールサーバーの負荷、といった問題に対しても有効にご利用頂けます。

セキュアメッセージは、有効化してすぐに利用するタイプの機能ではなく、有効化した後、更にセキュアメッセージを使ってメール送信を行うためのコンテンツフィルタルールを作成します。

条件にマッチした場合のみセキュアメッセージを利用してメール送信を行うため、これまでの運用が、意図せず変わってしまう事もありません。

専用ポータルサイトへのアクセスには、パスワード認証やPIN認証を求める事ができ、ここで使用するパスワードは、事前に定義しておいたものや、宛先ユーザーが予め設定したものをご利用いただけます。

 

 

securemessage

セキュリティ機能のアップデート

ドメイン管理者によるドメインの作成

SecurityGatewayには、全体管理者に加え、ドメイン毎のドメイン管理者を指定できますが、このドメイン管理者に対しても、ドメインの作成権限を付与できるようになりました。ドメイン管理者が作成したドメインについては、作成したドメイン管理者が新しいドメインにおいても管理者になります。また、ドメイン管理者が作成できる最大ドメイン数も制限できるようになりました。

ユーザー毎のメール配信サーバー設定 8.5.2

ユーザー毎に、メール配信で使用するメールサーバーを指定する事ができます。ドメインの用途によって使用するユーザーを限定したい場合などにも便利にお使いいただけます。

リアルタイムのパフォーマンスカウンター

パフォーマンスカウンターは、現在のSecurityGatewayの状態をリアルタイムに監視できるようになりました。現状のセッション状況や、キューの状況、サーバの稼働状態や、稼働時間、ドメイン数、ユーザー数、そしてライセンスの状態などが含まれます。

ダウンロード機能 8.0

管理者や各エンドユーザーは、自分が送受信したメールをいつでも専用管理画面から確認できます。個々のメッセージを確認するための「メッセージ情報」で、メールや添付ファイルをダウンロードするための機能を新たに搭載しました。

情報漏えい対策機能のアップデート 8.0

内部からの送信メールに対して搭載されていたフィルタリング、「情報漏えい対策機能」がアップデートしました。今回は医療用語に特化したフィルタリングルールが追加され、必要に応じて医療用語でのフィルタリングが行えるようになりました。

管理者の設定変更を記録 8.0

新たに搭載された「変更ログ」へ、管理者が行った設定変更等が記録されるようになりました。設定ミスが原因で意図しない動作になった時、問題の特定が行いやすくなりました。

この他にもSecurityGateway 8.xバージョンには数多くの新機能やアップデートが含まれています。
Back To Top