TOPへ↑
ウェアポータルトピックス

メールサーバーの移行や乗り換えに際するポイント

sendmail, qmail, Exchangeサーバーなど、メールシステムの乗り換え/移行は、移行元と移行先のシステムや、社内環境によってそれぞれ異なりますが、大まかな順番として次のような流れになります。

ユーザー情報の移行

ユーザーの登録も、人数によっては手動で行う場合もあるでしょうが、100人を超える規模の場合には、手動で再登録は大変です。移行先のメールシステムで、どのようなユーザー登録方法があるか確認が必要です。

CSVからのインポート

CSV形式でユーザーを一括インポートできるメールサーバーであれば、CSVを用意すればいいのでユーザーの移行は比較的あっさり行えます。ただ、パスワードは平文でない場合がほとんどで、元のメールサーバー側で出力できないので、パスワードの再設定を切り替え後に各ユーザーが行うケースが多いのではないでしょうか。

ActiveDirectoryやLDAPなどの認証サーバーからインポート

ActiveDirectoryやLDAPサーバーに対応しているメールシステムであれば、こちらからユーザー情報を一括でインポートできる場合があります。この方法でユーザーを登録する場合のメリットとしては、その後のユーザー認証も、連携している認証サーバーとで行う事ができるため、エンドユーザー側で特に変更を意識せずに済むという点でしょうか。



MDaemon

MDaemon Messaging Serverは、上記の方法全てに対応しています。




メールデータの移行

POP3で既にメールをクライアント端末へ取り込んでいる場合は、そのままで大丈夫ですが、IMAPサーバーをお使いの場合、メールデータの移行方針を決定しておく必要があります。メールデータは次のような方法で移行できます。

使っているメーラー上でそれぞれが移行

OutlookやThunderbirdなどのIMAP対応メーラーで、旧サーバーと新サーバーの両方をアカウントとして作成し、メールフォルダを移行させるという方法です。各ユーザーがそれぞれで操作を行う必要があり、メーラーの変更は行わないという前提です。

旧サーバーと新サーバーのメール形式に対応している製品を使ってメールデータの変換と移行

旧サーバーのメールフォーマットと新サーバーのメールフォーマットの両方に対応しているメールアーカイブ製品を、メールデータの移行に使うケースもあります。

MailStore Server

MailStore Serverは、全てのメール形式に対応しているため、メールデータの移行にも多数採用頂いています。



DNSレコードの切り替え

ユーザー情報やメールデータの移行が完了したら、いよいよDNSレコードを切り替えてサーバーの移行完了です。グローバルIPが変わるような場合は、ドメインのDNS情報の変更も必要です。

並行稼働を行う場合の注意点

並行稼働を行う場合は、その間に旧サーバーで受信したメールを新サーバーでどのように取り込むかを、検討しておく必要があります。



MDaemon

MDaemon Messaging Serverは、新サーバーからユーザー毎に旧サーバーへPOP接続し、代理でメールを受信するMultiPOP機能を標準搭載しています。



関連記事:


ウェアポータル用語集

製品情報

ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
WarePortal