Untangle (アンタングル)Untangle NG Firewall

シンプルネットワークセキュリティ

Japan IT week 2019へ出展しました!

セキュリティの強化や通信の可視化、コントロールにはUntangleがお勧めです

ゲートウェイ型の統合セキュリティ

マルウェアやネットワークからの攻撃、フィッシングなどの脅威がユーザーの端末へ到達する前にゲートウェイ上で防御します。

ログの収集と分析

ログサーバーがなくとも、リアルタイムでログの分析が行えます。ダッシュボードでネットワークのステータス全般が把握でき、レポートではイベントログ全体の確認や警告に関するレポート情報が確認できます。

ネットワークの一元管理

Untangleへ搭載されているCommand Centerをお使い頂くと、導入した機器をリモートからまとめて管理する事ができます。ポリシーテンプレートや、グローバル通知の作成、リアルタイムでのホスト状態の確認やクライアント端末のセキュリティスキャンの初期化が一カ所で行えます。

サイバー脅威分析

ScoutIQ™によるサイバー脅威分析により、世界中で稼働しているUntangleから取得したデータから、ファイルやURL、IPの情報を収集し、これを現在稼働中のネットワーク情報と比較する事で、未知の脅威からシステムを保護できます。


Untangleの動作


ダッシュボード

ダッシュボードではネットワークの概要を確認できます。素早くネットワークのステータスを把握するのに大変便利な機能です。デフォルトで、ダッシュボードには異なる情報を表示するウィジェットが複数使われていますが、これはカスタマイズが可能です。ウィジェットを削除・追加する事で、管理者は自社にとって役立つ情報をダッシュボードへ表示できます。

APPS

アプリケーションも一カ所から一元管理が行え、有効化・無効化も1クリックで行えます。

レポート

レポートナビゲーションを使うと必要な情報を簡単に検索できます。個別のレポートやナビゲーションはタブレットやモバイル端末からでも個別に確認できます。


Untangleの主な機能

保護

マルウェアやフィッシング、スパム、ハッキング、その他の脅威が、ネットワーク内のユーザーや端末へ到達する前にブロックする事ができます。

パフォーマンス

ネットワークのパフォーマンスや帯域を貴社で必要なクラウドシステム用に確保する事ができます。生産性向上のため、継続性やQoSを最大化する事ができます。

フィルタ

暗号化されたウェブサイトへのリクエストやマルウェアの配信ポイント、スパムの大規模感染といった通信も可視化するためのフィルタ機能を搭載しています。

通信

社外で働くメンバーや支店、ゲストWi-Fiの可視化や管理が行えます。ユーザーやデータを、場所やアクセス権を問わず安全に保護する事ができます。 複数方式のVPN機能も搭載していて、接続先との通信を暗号化する事もできます。

管理

ユーザー、グループ、端末、時間によって、ウェブサイトやデータへアクセスできるユーザーや、アプリケーションを使用できる時間帯などのポリシー作成が行えます。ネットワークトラフィックを可視化し、コントロールする事ができるようになります。

Command Center

クラウドサービスである「Command Center」から、複数個所へ設置しているUntangleを一元管理する事ができます。拠点を複数お持ちの方やエンドユーザーへまとめてサービス提供を行いたいMSP事業者様向けの機能です。

Japan IT week 2019へ出展しました!

メルマガ配信登録