TOPへ↑
ウェアポータルトピックス

スパムメールがなくならない理由

スパムメール対策製品がこれだけ数多く世の中にあるにも関わらず、スパムメールで悩んでいるというお話を、今でも度々耳にします。 どうしてスパムメールはなくならないのでしょうか。

まず最初に、スパム対策アプライアンスを購入した、知人の会社で起こった実話をご覧ください。

スパムメールがなくならない理由

スパムメールは、どれだけ精度が高いものであったとしても、メールウィルス等と比較した場合、判定がし難いものです。言い換えると、スパムメールかどうかの判定は、手動で行ったとしても、受信者によって異なる結果になってしまうケースが多いのです。(ウィルスの場合は、人によって結果が変わるような事は滅多にありません。)

手動でも難しいスパムかどうかの判定を、システム的に行うのは、どうしても限界があります。結果として、『届くはずのメールが届かない』という点が、最大の懸念事項になってしまうのです。

『メールの不達』という問題を避けるため、多くの環境では、あえてスパムチェックの為のルールを緩く設定したり、特定のアドレスに対してはスパムチェック対象から外したりしています。スパム対策製品の検出精度が高いものであっても、それを最大限に活用されないのであれば、意味はないと思いませんか?

ページトップへ

本当に必要なスパムメール対策とは?

spam1.png(15598 byte)

では、スパムメールに対して本気で対策を考えた場合、どのようなソリューションが必要なのでしょうか。

宛先エンドユーザーによるスパム判定

手動で行ったとしても、受信者によりスパムメールの判定結果が変わるのであれば、最低限、メールを受信するはずの、宛先エンドユーザーによる隔離メールの確認と、個別判定が必要です。もちろん、届くはずのメールが隔離されてしまった際には、隔離メールに関する自動通知も必要になります。

エンドユーザーによるスパムメール判定

正常配信されたものも含む、全送受信メールの配信ログ

『メールの不達』に対する不安を払拭するためには、隔離されているメールの確認に加えて、正常配信されたものも含め、自分が送受信した全てのメールのログを確認できるのがベストではないでしょうか。 届くはずのメールを受け取っているのかどうかを確認するには、正常時のログも併せて必要になってきます。

ページトップへ

必要なスパムメール対策を実現するための技術や製品

 

先述の2つの要件を両方満たしてくれるスパム対策ソリューションは、それほど多くありません。当社が取り扱っている製品は、必要とされながらも数少ない、エンドユーザー主体のスパム対策機能を搭載しているソフトウェア製品です。

SecurityGateway

SecurityGatewayでは、エンドユーザーが自分宛のメールをスパムメールかどうか判定でき、更にその判定結果を自動学習します。

エンドユーザー毎に、自分の送受信メールのログを確認する事ができるのはもちろん、メール毎のSMTPセッションまで細かく確認できるため、メールの送受信におけるトラブル対応も行いやすくなっています。エンドユーザーレベルでの細かな制御機能と、その結果を学習する機能の両方を搭載する事で、運用が進むにつれ、他の製品では実現し得ないスパム判定精度の高さを実感して頂けます。

スパムメールの基本
ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal