TOPに戻る

メール配信の基本

メール配信の基本ですね。まずは図解で。。。

    

メール配信経路

   

MUA (Mail User Agent):

ユーザーが使っているメーラーの事です。OutlookやBecky!や、とにかくメールを作成するのに使ってるソフトですね。
MTA (Mail Transfer Agent):

一般的に「メールサーバー」と呼ばれているのがこのMTAです。MUAからメールが届くと、メールアドレスの@の後ろを、DNSサーバーから検索します。 メールサーバーは通常、DNSサーバー上で、MXレコードとして登録されています。宛先ドメインが見つかったら、宛先ドメインのMTAとで、送受信メールの受け渡しを行います。
MDA (Mail Delivery Agent):

受信メールを処理するPOPサーバーやIMAPサーバーが、このMDAです。

SMTPセッション

SMTPセッションは、実際に試してみると分かりやすいと思います。というわけで、コマンドプロンプト等から、下のピンク色の文字の部分を入力してみましょう。

      
HELO:送信元のマシン名を続けて入力します。本当のマシン名でなくとも大丈夫な場合もありますが、この情報が正確かどうかを判定するメールサーバーもあります。なお、HELOの代わりに、EHLOと入力する事で、次のように、対応している認証方式を確認する事もできます。
EHLO localhost
250-8BITMIME
250-AUTH LOGIN
250-STARTTLS
250 SIZE 0
MAIL FROM:送信元のメールアドレスを指定するコマンドです。ここでの値が、envelopeのFromやSenderヘッダに使われます
RCPT TO: 宛先メールアドレスを指定するコマンドです。
DATA: 実際のメール本文をこの後で指定します。SUBJECT:で件名を指定する事もできますが、必須ではありません。本文は、.だけの行を作る事で、完了という意味になります。
QUIT: このコマンドで、SMTPセッションを終了します。

メールマガジン

月に1回程度、不定期に製品の最新情報をお届けしています。メールアドレスをご記入の上、右側のボタンを押してください。