「筋肉」タグアーカイブ

第5話 二者択一

 

「今日の夜はカレーうどん、どっちにする?」

 

カレーうどん!」

 

 

ご存知の通りであろうが、マッソーはカレー嫌いである

いや、嫌いとまでは言わないが、好き好んでの選択はしないのだ。

理由は簡単、カレーは体に悪いからである。

健康志向の強いマッソーの主食は、いわずもがな、プロテインであるが、

そもそもカレーは小麦粉からできており、明らかに炭水化物過多である。

野菜の中心は、じゃがいも、にんじん、玉ねぎという土中ばかりで、

明らかに葉ものが少ないではないか。

ことに「じゃがいもは大きめだよ(ハート)」なんて言われた日には、

腹立たしいことこの上ない。

何が楽しくて炭水化物 IN 炭水化物という愚行に興じなければならないのか。

海入った後にプール行って、シャワーで流した後に温泉行くみたいなものだ。

そのような愚行を、誰が好き好んでするというのだ。

ごろごろじゃがいものカレーなどを目の前にした日が来たのなら、

突然空を指さして「あっ! タケちゃんマンだっ!」、

人々が目を向けている内に、スプーンですくって隣の皿に入れることだろう。

 

 

ご存知の通りであろうが、マッソーはうどん嫌いである

いや、嫌いとまでは言わないが、好き好んでの選択はしないのだ。

うどんは体に悪いからである。

健康志向の強いマッソーの主食は、いわずもがな、プロテインであるが、

そもそもうどんは小麦粉であり、具はほとんどなく、栄養が偏ってしまう。

粉ものなので確かに消化には良いものだと心得てはいるが、

胃の調子の頗る良いマッソーはそんなことを考えるよりも、

炭水化物しか栄養がないという状況に耐えられないのだ。

何が楽しくてOnly 炭水化物という愚行に興じなければならないのか。

お弁当に持っていった食パン一斤、ジャムやバターなどを忘れてしまって、

もそもそもそもそと朝昼晩もそもそともそもそっとするようなものだ。

そもそも蕎麦よりもカロリーがあり、ラーメンよりも触感の少ないうどんなど、

筋肉に愛し愛されているマッソーにとっては天敵でしかないように思われる。

 

 

ことに、どちらかを選択しなければならない瞬間は必ずある。

「わたしと仕事、ごっちが大事なの!?」

頭が痛くなる

 

「ドラマと野球中継、どっち観る!?」

どっちでもいい、一方を録画すればいいじゃないか。

 

「鶏のから揚げとカエルのから揚げ、どっちがいい!?」

……むしろ、カエルを選びたいと思った変態は、

マッソーだけではないはずである。

 

「ポテチとチョコレート、どっち開ける!?」

むしろポテチをつまんでチョコで口を休めれば塩気甘味で……

そうかっ! 答えはここにあったんだっ!!

 

生きていれば、沢山の選択が貴方を待ちわびていることでしょう。

アメリカ辺りでも、ヒラリー・クリントンかドナルド・トランプかなんていう

二者択一が迫られているが、貴方にとっても決して対岸の火事などではないはずだ。

そんな時マッソーは、ふと思うことがある。

 

 

両者の良いとこどりをすれば良いのではないか

 

 

米大統領選にしても、両者の政策の良いところを行うことが、

民衆にとっては一番の幸せなのではないかと思うことがある。

なぜ、一方を選ばなければならないのだろうか。

なぜ、片方を闇に沈めなければならないのだろうか。

 

だから私は、こう答えたいのだ。

 

声を上げてこう言い放ちたいのだ!

 

 

 

カレーうどん!」

 

 

 

「じゃー、今日はカレーライスにして、明日カレーうどんにしよう」

「……」

 

 

結局は連日、炭水化物 IN 炭水化物Only 炭水化物ということになる。

ビバ、エブリデイ炭水化物、アーハー。

あぁ、なんて世の中は無情無慈悲な世界なのでしょうか。

二兎追う者は両方得る、ということわざを日本には伝えていくべきだと、

すべからく思う今日この頃なのである。

 

以上、第5回マッソー斎藤の今夜もプロテインでした。

次回、[さいたまアリーナ]フィルヒース独演会、チケットはお早めに!(未定)

第3話 やる気

やる気が出ない。

意欲が湧かない。

変わらぬ日常には飽き飽きだ。

そのような感情は、赤さんが泣いて母親を呼ぶのと同じくらい、

誰にでも生まれ出るであろう当たり前のものだ。

そんな時、貴方ならどうしますか?

気分転換に普段歩かない道で岐路に着いてみたり、

お気に入りの洋服でテンションを上げようと必至になってみたり、

何か新しいことにチャレンジでもしようと山登りについて調べてみたり、

YouTubeを巡ってみたり、好きなアーティストの歌をエンドレスリピートしたり、

カラオケで発狂してみたり、酒に溺れたり、異性に溺れたり、

小池百合子知事の政治塾「希望の塾」に参加しようかと悩んで、止めてみたり

まー方法はなんでもいいんですけれど、

その一歩が踏み出す勇気がでないという事実も、多聞にしてあるのではないでしょうか。

マッソー?

マッソーは慌てず、コーヒー豆を挽いて(無論石臼で蕎麦のように挽くのだが)、

暖かい湯でドリップし、隠し味にプロテインなどをドロップし、

左手の小指でそっとかき混ぜてから、愛おしそうに小指をねぶり

右手でそっとカップを持ち上げ、その芳醇な香りを楽しみながら、

合わせて左手も上げ、誰にもバレナイようにダブルバイセプスるんだ。

そう! コーヒー飲んでないよねっ☆

マッソーが言いたいのは、そんな時でも「慌てない」ということなのさ。

 

 

そんなマッソーでも、是非にとも見習いたいくらいの、

やる気に満ち溢れた表情を見せてくれた人がいたので、ここで紹介したい。

商店街のスーパーの前でたむろする4人のおばさま集団の中のその一人。

その人は、もちろんおばさまだ。

いや、4人の中でも一際若いと思われる風貌を要していて、

おばさまというのは失礼にあたるのかも知れないので、

ここではそのおばさまを『』と呼ぶことにする。

くだらない、笑えもしない、他人の家庭事情などどうでもいい、

芸能界の浮気や不倫の話題など話していても何の価値も見い出せない状況に、

こんなことをしている暇があったら、掃除、洗濯、炊事、いや、

上腕二頭筋と上腕三頭筋のスーパーセットでもしていた方がよっぽどマシだ、

は考えていたに違いない。

その刹那である。

は集団から顔を背け、何を思ったのか、なんと、

くわぁ~、と大きな欠伸(あくび)をやってのけた。

それはそれは、まるごとレモンが入っていまうほどの大口であり、

呆気にとられたのはむしろマッソーという次第であった。

そして、目が合う、とマッソー。

約1.5秒の静止した世界の果てに、の口元がにやりと緩んだのだ。

それはマッソーに向けた羞恥の表れなどではなく、

自身の心の強い決意の表れだったに違いない。

はおもむろにスマホで時間を確認し、一言二言残すと、

そそくさと自転車の籠に買い物袋を入れてその場を離れていったのだ。

欠伸とは、にとって、「やる気スイッチ」であったのに違いない。

欠伸とは、人間にとって、沢山の空気を体の中に取り込んで、

さあ何かをやろうという助走、それはつまり強い意志の表れなのだ。

 

例えば、社内で欠伸をしている新入社員がいたとしよう。

そんな時先輩である貴方は、新入社員の癖に生意気だ、と思うに違いない。

このクソガキが、てめぇは何の責任も感じないで仕事という名の暇潰しをして

いるんだろうけどな、てめぇのケツまで拭かされるこっちに身にもなってみろ。

貴方の脳に血液が集中し、おでこの血管を浮かび上がらせて、

新入社員に近づくと、その緊張で震えた右腕でおもむろに新入社員のお尻を……

 

ちょっと待ってください。

そんな時、貴方は新入社員にこう声をかけてあげるのです。

「君、凄いね!

脳を使いすぎているから、それを冷やす為に欠伸が出たんだよね。

私なんて、さあ寝よう、と思う就寝前にしか出ないものだから、

仕事のことばかり考えるが故に欠伸が出る君を、私は尊敬するよ。

あ、そうだ、今度の昇進試験、私から上司にしっかり話しておくから。

仕事中に欠伸ばかりしている君はきっとオリンピアで優勝間違い無しだね」

ほら不思議。

誰を傷付けることもなく、立ちどころに全てを解決してしまいました。

 

そんな訳で、今日の気づきは、欠伸はやる気、です。

マッソーはダンベルなどをしながら、このブログなどをしたためているのです。

もちろん、何にも慌てずに、大きな大きな欠伸をしながらね!

 

 

以上、第三回マッソー斎藤の今夜もプロテインでした。

次回、ダンベルフライで舞うドンフライ!(未定)

 

第2話 祈り

貴方は、

祈りますか?

祈りませんか?

 

信仰深い宗教を重んじている人であれば、宗派により時と場所の差はあれど、

当たり前のように神に祈りを捧げていることでしょう。

日本にも、神頼みやてるてる坊主、御百度参りといった風習が残っていますし、

わら人形に捧げているのも「呪い」という名の「祈り」なのかも知れません。

 

マッソーはね……

 

ここで、ある少年の話をしたいと思う。

年の頃は、第2次成長期を迎える、思春期真っ只中のお年頃。

あの日は、とても風の強い日でありました。

突風が草木を揺らし、校庭に砂埃が舞い、

広げられたトンビの翼が上昇気流を捉えてふわりと高度を上げる。

舞い上がったトンビの影が太陽に重なり、まるで太陽に刻まれた紋章のように感じて、

その紋章を掴むように両手を空に伸ばして、その紋章を掴みとることができたなら、

僕はきっと誰にも負けない勇者になれるんだと信じていた。

そぉう!

少年は病気でした、うんそうだね、中二病だねっ

そして少年は祈りました。

神の存在など微塵とも感じたことがない少年は、

これ以上ないほど純粋な気持ちをもって祈ったのです。
よ吹け、吹け……
そして……

 

 

めくれろ……

 

めくれろ。

 

めくれろっ!

 

 

だがその風は、地上の生ける全ての存在を空へ誘うほどの強く非情な突風は、

たった一枚の布きれすらめくらせてはくれなかったのです。

少年は思いました。

この世に神など、存在しないのだと

祈りなぞは所詮、影も形も確証も、何もないものなんだ。

そんな非科学的なことにうつつを抜かすよりも、

自分の筋肉を信じる方がよっぽどマシなんだ。

筋肉は嘘をつかないからね☆

少年はその日以来、、祈ることを止めてしまったのです。

生まれながらにして捻くれ者であった少年の心はさらに荒み、

捻くれ捻くれ、クルクルと1周してしまうほどでした。
時は経ち、少年は、青年となりました。

電車を利用する機会も多くなり、それに伴って広がる風景に食されることなく、

青年の心は荒んだままだったのです。

駅の階段を上るその眼前に短いスカートの女子高生がいたとしても、

神なぞ存在しない、いやむしろ、偶然にも目の前に輝かしい風景が広がったとしても、

どうせその時は変態扱いされ、地獄に突き落とされる、むしろ悪魔がいるのではと、

伏し目がちに、チラ、と視線を送るくらい荒みまくっていたのです。

階段を登り切り、やはり神なぞはいなかったのだと再認識した、

その時だった。

PHSが女子高生の手からこぼれ落ち、ガチャをいう音が辺りに響いた。

固い地面を滑るPHS。

このままではプラットホームからその身を投げてしまう。

青年の体が自然と沈む。

手を伸ばし、無機質な物体を、掴んだ。

僕が掴み取りたいのはこんなに固いものじゃないのに

と荒んだ青年は思ったのだ。

それとは対照的に、女子高生は泣き笑いのような顔で青年に近づき、言ったのです。
「ありがとうございました。

 本当に本当に、ありがとうございました!」
青年は何も反応することができなくなり、固まった表情のまま、PHSを女子高生に返した。

電車が来るまでのしばしの間、青年は雲の無い空をただぼうっと眺めていた。

電車に乗り込む二人の影。

だが、空の青とは対照的に、未だ青年の心は晴れない。

僕の心は荒んでいて、捻くれていて、変なことばかりを考えていながら、

ただ視界に入った無機質でどうでもいいものを手にしただけなのに、

お礼など、必要ないのに、どうして彼女はそのような態度なのだろうか。

曇った青年の心に、一点の光が射した。

青年は考えたのだ、彼女の気持ちを。

そして気づいたのだ。

彼女は、その手からPHSが離れた瞬間に考えたのだ、しまった、と。

PHSが駅から滑り落ちそうになった時、きっとこう思ったに違いない、

お願い、落ちないで、誰か拾って、と。

それは誰に捧げるでもない純粋な、祈り、だったのだと。

青年はハッと顔を上げると、女子高生は電車から降りる直前であった。

女子高生は青年にチラと視線を向けると、青年に一礼して、降車した。

動き出す電車、青年は黒目で彼女を追ったが、すぐにそれは風景に溶けた。

青年も彼女に伝えたかったのだ、有難う、と。

祈りは、ことに純粋すぎるほど真っ直ぐな思いが誰かに届いた時に、

感謝へとつながるものなんだということを、青年は彼女に教わったからだ。

邪な気持ちなど存在しない、ピュアな祈りは、感謝へとつながるんだ。

捻くれ捻くれ捻くれまくった心は、巻きつけられたゴムのように勢いよく戻り、

再度グルグルと巻きつけられ、また戻りを繰り返して、

ようやく少年の日に、風に祈った純粋(邪粋)な気持ちを取り戻すことに成功した。

青年はその日から、少年時代より凍結されていた「祈る」ことを解除した。

 

 

……

 

 

えっ? マッソー?

マッソーが信じているのは神ではありません、筋肉です。

筋肉は嘘をつかないからね☆(2回目)

ほら、見て、この僧帽筋を、上腕二頭筋を!

私のモストマスキュラーを!!

 

なんて、モストマスキュラーしながら、

その手をバレないようにそっと両の掌を合わせて、

今日もそっと祈りを捧げているのです。

 

 

以上、第二回マッソー斎藤の今夜もプロテインでした。

次回、宙を飛ぶサイドチェスト!(未定)

 

第1話 気づき

初めまして!

本日より当ブログを開設させていただくことになりました、マッソー斎藤と申します^▽^

まずは自己紹介を……

 

 

 

と、普通なら(「普通」の定義も非常に難しいものだと思います)

ブログ冒頭に自己紹介などが書かれたりするものですが、

そのような暇があるならばマッソーは、筋肉をこよなく愛するマッソーは、

ベランダでワイングラスに注いだプロテインなどを飲みながら、

そして街を行き交う人々を見て、世の末を静かに憂うのであります。

ああ、なんと素晴らしい、効率的な時間の使い方なのでしょうか!

 

……

 

同感っ! と思われた方は、今度乾杯致しましょう、プロテインコーヒー味で。

もう既にお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、

生まれながらにして捻くれ者、それがマッソー斎藤なのです。

それに、見たことも聞いたこともない人物の、

 

□ 趣味は美味しいラーメン屋を探すことです☆

□ 休日はオープンカフェで読書をしています★

 

なんてことを聞いた所で、「ふーん、で?」と冷めてしまうに違いありませんしね。

さて、そんなマッソーが書くブログの意図というものですが、それは第一に、

このブログを読んでくれた皆様にささやかな『気づき』をプレゼントしたい

ということに他なりません。

 

例えば……

道に、石コロが転がっているとします。

貴方ならどうしますか?

まずはその他愛もない石コロに気づけるか、

その石を振り上げた右のつま先で非情なまでに蹴り上げるのか、

はたまた石を手に取り、赤子の頭のように愛でるのか、

それは、貴方次第なのだと、思いませんか?

マッソーであれば、その石ころ一つを視界に捉えた時、

このようなどうでも良い戯言なるものを考えるのです。

 

つまり、日々、変わり映えの無いと思われる生活の中には、

視点を変えればいくらでも新しい魅力というものに気づけるはずなのです。

そのような些細な気づきについて、マッソー独自の視点と解釈で、

このブログに紹介していこうという次第なのです。

 

 

末筆ながら、ここまで読んで頂いた皆様に向けて、

一つ目の気づきというものを紹介しなければならないとすれば、

それは……

 

 

 

 

 

 

 

 

マッソーは、全然マッソーでは御座いません。

いえ、むしろ、ヒンソーです。

サイドトライセプスなどをしても、ただトイレを我慢しているおじさんにしか見えませんね。

顔を合わせたことがないWEBの世界にとって、マッソーだとか、筋肉だとか、

ましてやワイングラスでプロテインを傾けるなどと書かれては、

オリバーのような人物を想像してしまいますよね、うん、きっとそうに違いありません。

皆様におかれましても、WEBと現実の間を妄想で埋めるという努力をした経験は

きっとあるのでしょう。

 

一つ目の気づき、それは……

 

   WEBって怖いですよね(笑)

 

以上、第一回マッソー斎藤の今夜もプロテインでした。

次回、アブドミナル&サイが世界を変える!(未定)