Security Gateway のメッセージログからログを開き、メッセージの内容を確認しようとすると「このメッセージコンテンツは利用できません。」と表示され、メッセージ内容を表示できません。どうすればメッセージの内容を確認できますか?

デフォルトではメールのメッセージ(本文)は破棄されてしまう為、参照することはできません。

メッセージの内容も保管する場合は次の設定を行ってください。

1. Security Gatewayに管理者でログインし、[設定/ユーザ] -> [データベースメンテナンス] -> [データ保持] を開きます。

2. 「メッセージ内容」という項目の中に、正常配信時・メッセージが拒否された場合、など条件ごとのチェックボックスがありますので、必要に応じてチェックを入れます。

3. 画面上部の「保存」ボタンをクリックし、設定を保存します。

 

メッセージの保存期間は同じ画面の「メッセージデータベースレコード」欄で指定された日数となります。(デフォルトでは30日)

 

なお、メッセージの保存を開始するとデータベースの肥大化や処理の低下につながりますのでご注意ください。

wareportal has written 386 articles