AD連携を行っていたところ、ADユーザのIDとSecurityGatewayの管理者のIDが重複しており、SecurityGatewayのユーザ情報を上書きしてしまいました。そのため、管理者用アカウントの権限が、一般ユーザーと同じものになってしまい、管理画面へアクセスできません。一般ユーザーアカウントに再度管理者権限を与える事はできますか?

はい、次の手順で、既に作成している一般ユーザーIDへ、管理者権限を与える事ができます。

1. コマンドプロンプトを起動してください。

2.? SecurityGatewayのインストールフォルダ(デフォルトではProgram FilesAlt-N TechnologiesSecurityGateway)の下の、Appフォルダへ移動して下さい。

3.? 次のコマンドでSecurityGatewayサービスを停止します。
net stop securitygateway

4.? 次のコマンドで管理権限を、一般ユーザーの「user@example.com」へ付与します
sgdbtool.exe promote?user@example.com

5.? 次のコマンドでSecurityGatewayサービスを開始して下さい。
net start securitygateway

 
※この機能はSecurityGateway 2.x以降でお使い頂けます。

wareportal has written 377 articles