日本語の件名を持つメールの中に、スパムメールとして検出されてしまうものがありました。これはどのように対応すればよいでしょうか。

SecurityGatewayの1.xバージョンで使用しているスパム対策用の設定値が原因で、日本語の件名を持つメールの一部がスパムメールとして誤検知されてしまう現象が報告されております。 スパムメールではないメールで、日本語件名を持つメールが、1.xバージョンで誤検知されてしまう場合は、設定ファイルを差し替えて頂く事で、回避することができます。 SecurityGatewayご利用ユーザー様は、専用サポートサイトのカスタマーポータルから、修正用の設定ファイルを取得して頂けます。

wareportal has written 377 articles