プロキシサーバ経由で接続をしたところMDaemonのスパムフィルタ(SpamAssassin)のファイル更新で失敗するようになりました。何が原因でどう対処したら良いですか?

ご質問

 これまでMDaemonサーバは直接インターネットへのHTTP接続を
 行ってきました。

 今回、社内ポリシーのため、プロキシーサーバ経由でのインターネット接続を
 行う環境になりました。

 そのタイミングで、MDaemonのスパムフィルタ(SpamAssassin)の
 ファイル更新で失敗するようになりました。

 何か原因で、どう対処したら良いですか?

回答

 環境変更により、ブラウザのプロキシー設定もご変更されたと思います。

 プロキシーサーバのホスト名とポート番号をご確認ください。
 (例)
ホスト名: proxy.wareportal.co.jp
ポート番号: 8080

 次に、スパムフィルタにおける定義ファイルのダウンロードでは、
 SA-Updateというコマンドで行っておりますが、
 プロキシーサーバを経由させることを宣言するため、環境変数への設定が
 必要となります。

「スタート」=>「コンピューター」=>「システムのプロパティ」
=>「システムの詳細設定」=>「環境変数」=> 「システム環境変数」にて
 次の環境変数を設定します。

 変数名: http_proxy
 変数値: http://proxy.wareportal.co.jp:8080 (例)の場合

 もし、プロキシーサーバでユーザー認証が必要な場合、ホスト名の前に
 ユーザー名とパスワードを”@”で区切り登録します。
 変数値: http://toshio:PassWord@proxy.wareportal.co.jp:8080

 環境変数をセットし、MDaemonサービスを再起動することで、
 以後MDaemonはSA-Updateを実施する際、この環境変数を参照して
 更新を行うようになります。

wareportal has written 377 articles