Windows Server 2008でMDaemonを利用するために、Windowsファイアウォールはどのように設定すればよいですか?

通信を許可するポート番号もしくはアプリケーションを指定します。

 1. [コントロールパネル] -> [Windowsファイアウォール]を開きます。
 2. ウィンドウ左側の「詳細設定」を開きます。
 3. 左側の「受信の規則」を右クリック-> 「新しい規則」を開きます。
 4. ウィザードが起動しますので、「プログラム」もしくは「ポート」を選択し、受信許可の規則を追加します。

必要に応じて以下のようなルールを作成してください。

*プログラムを指定する場合は以下の指定をします。
 MDaemon.exe (MDaemon)
 WorldClient.exe (Webメール(WorldClient)
 WebAdmin.exe (WebAdmin)
 MDSpamD.exe (スパムフィルタ)
 AVUpdate.exe (ウィルス対策パターンファイル更新プロセス) ※SecurityPlusご利用時のみ

*ポートを指定する場合は以下の指定をします。(いずれもTCPとなります)
 25 (SMTP)
 587 (SMTPサブミッション)
 110 (POP3)
 143 (IMAP)
 465 (SMTP over SSL)
 995 (POP3 over SSL)
 993 (IMAP over SSL)
 1000 (WebAdmin)
 3000 (Webメール(WorldClient))

なお、使用ポート番号をデフォルトから変更されている場合は、適宜変更してください。

wareportal has written 378 articles