迷惑メールの送信者アドレス(From)がrootなどに成りすまして送信されてくることが増えています。スパムフィルタ設定の「ローカルソースからのメールをフィルタしない」設定は出来るだけ変更せずに対処したいのですが、特定のローカルソースからのメールはフィルタを適用するなど対処方法がございましたら教えてください。

外部から root や postmaster を騙るスパムメールの送信に対しての対処方法としてですが、多く使われる機能として、IPシールドという機能をご紹介いたします。

 

まずこの機能の使用前提として、

メールドメイン(たとえば@wareportal.jpとします)を送信元アドレスとするメールは、ご自宅等の不特定なIPアドレスを持つ環境から送信されることはございますか?

もし、@wareportal.jpドメインを送信元アドレスのドメインとして使用されるのか、社内のパソコンからだけ送信されるようでございましたら、

MDaemonのセキュリティ設定にある、IPシールドという機能が有効かと思われます。

 

この機能は、送信元メールアドレスに、@wareportal.jp が使われる場合には、指定したIPアドレス/ネットワークからの接続のみ受け付けるというものです。

これにより、外部からのなりすましとして、root@wareportal.jp? を送信元にしたメールは、指定したIPアドレス/ネットワーク以外からの接続元として拒否することができます。

 

もし、ご自宅などのIPアドレスが特定できない環境からの@wareportal.jp?メール送信がある場合でも、

この機能を有効にした後に、ご自宅のパソコンのメールソフトの設定でメール送信時にSMTP認証を行なって頂けましたら、

このIPシールドの設定から除外することもできます。(指定外のIPアドレスからでも、SMTP認証により送信可能となります)

wareportal has written 377 articles