スマートホストの配送先を自動で切り替える方法

ご質問

デフォルトスマートホストにてサーバを配送先として指定しているが、
スマートホストを複数指定するなどして、
サーバ障害時に配送先を別サーバに自動で切り替えることはできるか。

回答

MDaemonでは「スマートホスト」として登録できる値は、
1サーバとなっているのですが、こちらをメインとして扱い、
DNSのMXレコードを参照する形で優先順位に合わせて
複数のメールサーバへと切り替えることができます。

さらに、MDaemon内に、独自のMXキャッシュファイルを持たせ、
実在のDNSサーバよりも優先的に参照するMXレコードを登録し、
内部で登録できる仕組みを持っておりますので、その設定手順をご案内申し上げます。

1)MDaemon管理画面より、
 [設定]->[サーバ設定]->[DNS&IPs]->[DNS]画面にて、
 “MXキャッシュファイルを編集”ボタンを押して頂き、
 独自のメールドメインとして次のようにレコードを登録します。
 (例)
 mailrelay.example.co.jp 10 mail1.example.co.jp {192.168.1.100}
 mailrelay.example.co.jp 20 mail2.example.co.jp {192.168.1.101}

 

 この設定では、「スマートホスト」として”mailrelay.example.co.jp”を
 後の設定で指定できるようにし、10, 20 の数字にて優先度を指定しています。
 (数が少ない方が優先されますので、1行目がメインとして送信され、
 メインへの送信が障害等で行えない時に、2行目のwestへと送信するものとなります) 

 最後の{ }の部分は、mail1, mail2サーバのIPアドレスが入ります。

2)MDaemon管理画面より、
 [設定]->[ドメインマネージャ]にてドメインを選択し、
 [スマートホスト]画面を開きます。


 スマートホストの入力欄へ、手順1で登録したドメイン名(mailrelay.example.co.jp)
 を入力して頂き、続くチェックボックスの、
 “ホスト名をドメイン名とみなし、MXホストに向けて配信する“
 にチェックを入れて頂き、[適用]してください。


上記設定を頂くことで、mail1サーバがダウンした際には、
mail2サーバへと送信するようになります。

wareportal has written 387 articles