SPF/SenderIDとはなんですか?

SPFとSenderIDは、送信元ドメインのDNSへ、メールサーバのIPなどを登録しておき、このDNS情報を、メール受信時に、受信側のメールサーバーが確認することで、メールの送信が、正規のメールサーバーから行われたものであるかを確認するものです。

 

SPFとSenderIDの検証に必要なDNS情報は、SPFとSenderIDとで同一ですが、メールを受信する際に検証するヘッダ情報が、SPFとSenderIDとで異なります。

 

SPFの場合: SMTPセッションのMAIL FROM(MFROM)

Sender-IDの場合:? PRAレコード(これはSender: From: Resent-Sender: Resent-From: の情報を元に生成されるレコードです)とSPFのMFROM

 

SPFとSenderIDはどちらも、送信元のDNSサーバーへメールサーバのIPなどの情報を追加するだけで済むため、簡単に送信元サーバーの正当性を確認できる手段ではありますが、メールサーバーを複数台経由してメール送信する場合や、ウィルスチェックサーバーなどの中継サーバーを経由してメール送信を行った場合、MAIL FROMの値とDNSのレコードが一致せず、認証に失敗してしまいます。

wareportal has written 379 articles