コンテンツフィルタのデフォルト設定について

ご質問の詳細

デフォルトで登録されている、MDaemonのコンテンツフィルタルールは、具体的にどういったものなのかを教えて下さい。

– Message/Partial vulnerability [Move to bad message queue]

– IFRAME vulnerability [Move to bad message queue]

ご回答

MDaemonのコンテンツフィルタ機能にて、デフォルトで用意されている2つのルール条件についてご連絡申し上げます。

 

– Message/Partial vulnerability [Move to bad message queue]

 

 こちらは、メールの添付ファイル部分の“CONTENT-TYPE”ヘッダに“message/partial”と続くメールを条件に機能するルールとなっております。

 

 1つのメールを複数のメールに分割された形で受信した際、スパムチェックやウィルスチェック(SecurityPlusを併用時)を行うにあたり、分割されたメールだけを確認しても、そのメールが安全であるかを確認することができないため、管理者様のご確認を頂けるよう、Badキューへと移動するルールとなります。

 

– IFRAME vulnerability [Move to bad message queue]

 

 こちらは、以前にウィルスメール(Outlookを対象に流行ったWebメール形式)があったため、IFRAMEタグを用いたメールをBadキューへ格納し、やはり管理者様にご確認頂けるようにBadキューへメール移動するルールとなっております。

wareportal has written 374 articles