MDaemonの保守更新を行いましたが、ライセンスの入れ替え等は必要ですか?

ご質問詳細

MDaemon 15.xを使用しています。保守更新を行ったところ、届いたライセンス
キーが昨年のものと同じでした。ライセンスキーの入れ替えや、その他作業は不
要なの でしょうか?

回答

MDaemon 14.x以降のバージョンでは、保守更新をご発注頂き、MDaemonが外部へ
直接https接続できる環境であれば、MDaemonサーバが
週に1度行っているライセンスサーバと通信により、自動的にライセンス期間が
延長されます。

特にお客様側で行って頂く設定等はございませんので、ご安心下さい。

なお、ライセンス期間の延長を手動でご確認頂くには、
MDaemonの管理画面から、[ヘルプ]->[Alt-N製品のライセンス登録]と進み、
[登録]画面にある”MDaemon”タブ内の右側にある「更新…」ボタンを押すことで、
すぐにライセンスサーバとの通信を行います。

画面上、 「設定した内容を反映させるためには、MDaemonの再起動が必要となり
ます。」 と表示されますが、再起動は不要ですので「いいえ」ボタンを押して
ください。

一度、[登録]画面を閉じて頂き、再度[ヘルプ]->[Alt-N製品のライセンス登録]
にて[登録]画面を開きますと、”MDaemon”タブ内の「登録状況」欄にて、
“ソフトウェア保守期間は残り XXX日です。”と
表示される日数が365日以上と なっておりましたら、ライセンスサーバとの通信
が正常に完了しております。

wareportal has written 386 articles