MDaemon12へバージョンアップを行う際、注意点はありますか?

MDaemon12.xへバージョンアップを行なう際には、次の点をご留意の上、行なって頂け ますようお願い致します。

 

 

【1】サポートOSの変更 (全ユーザー共通)

Windows 2000はOSのサポートが終了となりました。? このため、MDaemon 12.0の対応OSは、Windows2008, 2003, 7, XP, Vistaとなります。

 

【2】インストーラーサイズの変更

インストーラーのファイルサイズが、これまで60MB前後だったものから、200MBを超えるサイズへと大幅に増加しました。プログラムをダウンロードする際にはご注意ください。

 

【3】パスワードの最低文字数の変更 (全ユーザー共通)

パスワードは最低4文字以上必要となりました。既存のパスワードの変更は必要ありませんが、次回パスワード変更時には、最低4文字以上のパスワードが求められます。

 

【4】11.xバージョンでデータ同期を行っているお客様が、BlackBerry Enterprise Serverをお使いになる場合の、データ重複のリスク

11.xバージョンで、SyncMLやBIS連携機能をお使いの場合、MDaemonの新しいBlackBerry Enterprise Server機能を有効にする事で、データの重複が発生する場合があります。
BlackBerry Enterprise Server機能をお使い頂く場合には、現在お使いのデータ同期の設定を無効にするか、削除した上で有効にして下さい。

wareportal has written 377 articles