MDaemonはどのようにバージョンアップしたらいいですか?

MDaemonは、できるだけシンプルに、最新バージョンへアップデートが行えるよう設計されています。MDaemonのバージョンアップは次のような流れで行います。

  1. 事前準備として、MDaemonライセンスの確認、インストーラーの取得を行います。また、MDaemonのインストールフォルダ(デフォルトではC:¥MDaemon)をバックアップしておきます。
  2. 最新版のインストーラーを実行すると、アップグレードかどうか聞かれるので、アップグレードを選択して下さい。
  3. アップグレードが完了したら、MDaemonを起動し、ライセンス情報が正しく登録されている事と、メールが正常に処理されていることを確認してください。

バージョンアップを行う前に

サポート期間の確認

MDaemonを最新版へバージョンアップを行う前に、サポート期間内であることを確認してください。MDaemonのサポート期間の確認方法は以下のURLをご参照ください。

MDaemonのサポート期間やお使いのバージョンの確認方法

設定ファイルのバックアップ

インストールフォルダ全体のバックアップの他に、必要に応じた設定情報のバックアップを取得してください。

  • MDaemonの設定のみをバックアップする場合 – MDaemonインストールフォルダの中のAppサブフォルダを別の場所へコピーしてください。
  • MDaemonの設定とメールデータをバックアップする場合 – MDaemonインストールフォルダの中のApp, Public Folders, Usersの3つのサブフォルダを別の場所へコピーしてください。
  • MDaemonの設定とメールデータ、スパムフィルタ設定、スパムメールの学習結果をバックアップする場合 – MDaemonインストールフォルダの中のApp, Public Folders, Users, SpamAssassinのサブフォルダを別の場所へコピーしてください。

バージョンアップの手順

  1. MDaemonのインストールフォルダ(デフォルトではC:¥MDaemon)をバックアップします。
  2. MDaemonの最新版プログラムをダウンロードします。カスタマーポータル
  3. 最新版のプログラムを上書きインストールします。上書きインストールを行うため、MDaemonが元々インストールされていたフォルダと同じ場所をインストール先として選んでください。

バージョンアップ時の注意事項

もしもIISを使ってWorldClient, WebAdmin, SyncMLを稼働させている場合は、これらをバージョンアップ前に、IIS設定画面で「停止」してください。稼働させたままバージョンアップを行うと、バージョンアップが完了した後、MDaemonサーバーの再起動を求められます。

wareportal has written 377 articles