SPFとは何ですか?

SPF(Sender Policy Framework)は、メール差出人のインターネットドメインを、そのドメインに代わってメールを送信する有効なIPアドレスのリストと比較するアンチスパム方法です。この慣例は、日常的にメールの発信元を偽装する(メールスプーフィング「なりすまし」として一般に知られている)スパマーを防止します。SPFおよび他の「なりすまし」の取り組み、例えばメッセージが特定のドメインからメールを送信するために許可されていない何者から到着した場合、Domain Keysでメールサーバーを判定を、より簡単にし動作します。

SPFの情報とSPFレコードの設定については、こちらをご覧ください。

wareportal has written 377 articles