MDaemonのスパムメールの学習機能についてですが、実際にどのくらいのスパムを学習しているのか確認する方法はありますか?

コマンドプロンプトから、MDaemonインストールフォルダのSpamAssassフォルダへ移動します。 (ex: cd c:MDaemonspamassassin)
次のコマンドを実行します。

sa-learn -C ./rules -D –dump magic

出力結果のサンプルが以下の通りで、2行目のnspamがスパムとして学習したメッセージ数(3), 3行目のnhamがスパムではないものとして学習したメッセージ数(35)です。

C:MDaemonSpamAssassin> sa-learn -C ./rules -D –dump magic

0.000 0 2 0 non-token data: bayes db version
0.000 0 3 0 non-token data: nspam
0.000 0 35 0 non-token data: nham
0.000 0 1403 0 non-token data: ntokens
0.000 0 1102728654 0 non-token data: oldest atime
0.000 0 1106169895 0 non-token data: newest atime
0.000 0 0 0 non-token data: last journal sync atime
0.000 0 0 0 non-token data: last expiry atime
0.000 0 0 0 non-token data: last expire atime delta
0.000 0 0 0 non-token data: last expire reduction count

MDaemon9以下のバージョンの場合は、25通以上のスパム・ノンスパムメールを収集した後に、MDaemonが学習を開始しますが、スパム検出の精度向上のため、MDaemon10以降のバージョンでは、200通以上のスパム・ノンスパムメールを収集した後、学習を開始します。

wareportal has written 377 articles