MailStore Serverのサーバー移行手順

ご質問の詳細

この度MailStore Serverがインストールされているマシンの

サーバーを入れ替える事になりました。

そこで、現行マシンから新マシンへのサーバー入れ替え手順及び注意点を

ご教授頂けますでしょうか。

現行マシンでは、[D:\MailArchive]へとインストールし使用しております。

ご回答

MailStoreサーバーのマシン切り替え手順をご案内します。

 

また、お客様にて使用しておられますMailStoreは、[D:]にインストールされているとの事でしたので、

 

[D:]からの移行手順をご案内致します。

 

※MailStoreはデフォルトでは[C:]へインストールされるものとなります。

 

[現行マシン側の準備]

1.マスターデータベースの場所を確認します。

MailStore Serverがインストールされているマシンのデスクトップにある、

“MailStore Serverサービスの設定”を起動し、

[基本設定]->[一般]の画面から、マスターデータベースの格納場所を確認します。

(デフォルトは、C:\MailArchiveフォルダです)

 

今回は、D:\MailArchiveとなります。

 

2.プロダクトキーを確認します。

MailStore Clientから管理者権限でログインし、

[管理ツール]->[その他]->[ライセンス管理]の画面から、

“Product-Key”欄にあるキーを確認します。

 

3.バックアップを取得します。

[管理ツール]->[管理API]->[ジョブ]の画面から、次の内容でジョブを作成します。

 

「ストレージ」->「バックアップの作成」から、

名前:バックアップ-YYYYMMDD (YYYYMMDDには、日付を入れてください)

ターゲットディレクトリ:(バックアップの保存先を指定します)

検索インデックスの除外には、チェックを入れません。

スケジュール:1回

日時: 実行時間を任意に指定します。

 

このジョブを実行すると、ターゲットディレクトリーにバックアップが作成されます。

 

4.開発元のライセンスサーバにてアクティベーションを解除します。

https://my.mailstore.com/TransferLicense へと接続し、

次の情報をご入力頂いてから、「Transfer License」ボタンを押します。

Product Key: お持ちのライセンスキー

Company: 御社名をご入力下さい

Signature: お名前をご入力下さい

 

[新マシン側の準備]

5.MailStoreのインストールとメールフォルダの用意

現行マシンで使用しているMailStoreと同じバージョン、同じパスへとインストールし、

その後、MailStoreサービスを停止します。

 

その後、新マシン側のマスターデータベースの格納フォルダを名前変更します。

(例)C:\MailArchive -> MailArchive.org

 

今回は、D:\MailArchive -> D:\MailArchive.org となります。

 

6.バックアップフォルダのデータコピー

新サーバ側に、手順1で確認した現行マシンのマスターデータベースフォルダを

作成し、手順3で取得したバックアップフォルダ内のデータをすべてコピーします。

(例)C:\MailArchive

 

今回は、D:\MailArchiveとなります。

 

7.データのリストアを行います。

コピーが完了しましたら、フォルダ内の”Restore.bat”コマンドを実行します。

コマンドプロンプトが表示され、途中任意のキー入力が求められます。

スペースキーなどを押して、処理を完了させます。

 

8.新サーバ側のMailStoreの環境設定を行います。

デスクトップ上の”MailStore Serverサービスの設定”を起動し、

[基本設定]->[一般]の画面から、マスターデータベースの格納場所を確認します。

(デフォルトでしたら、C:\MailArchiveですが、変更している場合、手順5で

作成したフォルダへと変更します)

 

今回は、D:\MailArchiveとなります。

 

次に、

[基本設定]->[セキュリティと暗号化]の画面へと進み、

“アーカイブの暗号化の初期化”欄にある、”初期化”ボタンを押します。

ここでリカバリーキーの入力が求められるので、

手順2で確認した、プロダクトキーを入力します。

 

リカバリーキーは、デフォルトでプロダクトキーとなっておりますが、

手動で変更されている場合には、そのキーをご入力ください。

 

9.MailStoreサービスを起動し、動作確認を行います。

ここまでの手順で、現行サーバから、

– 登録ユーザー情報

– 登録されたジョブ情報

– アーカイブメールデータ

の移行が完了しておりますので、その確認を行ってください。

 

wareportal has written 379 articles