MDaemon13.6の新機能

MDaemon13.6では、スマートフォンとの連携が行えるActiveSync for MDaemonとブラウザからメールやスケジュール共有が行えるWorldClientの機能を更に便利に拡張しました。


MDaemonの新機能

簡易メッセージリコール機能を追加 (MDaemon Proのみ)

メールを送信した直後に、宛先メールアドレスの間違いやファイルの添付し忘れに気がついて、慌てた経験はありませんか?

メール誤送信を経験したことがあるという人の中で、添付ファイルを忘れた経験を持つ人は45%、書きかけのメールを送ってしまった経験を持つ人は30%いるそうです。

      こうした送信ミスを防ぐための機能が、メッセージリコールです。

      この機能により、メールは、送信ボタンを押してから数分間 (1〜15分の間で指定した時間)、実際の送信は行われずにサーバー上に残ります。

      その間であれば、一度は送信したメールであっても、送信処理を取り消す事ができるのです。

      一定時間が過ぎるとメッセージは通常通り配信されます。

          MDaemonに標準搭載されている『WorldClient』にて、 メールの作成 -> メールの送信 を行なった後、"送信済みアイテム"フォルダから 取り消したいメールを選択し、「リコール」ボタンを押すだけの簡単操作です!

          ブラウザからMDaemonが管理できるWebAdminへレポート機能を追加

          全体の管理者向けに、レポートメニューを追加しました。



          スマートフォンの管理ができるActiveSyncに新しい機能を追加

          MDaemonのActiveSyncサービスを使って、ご利用のスマートフォンやOutlookと、メールはもちろん、パブリックフォルダも同期できるようになりました。

          MDaemonのActiveSyncの実装では、既にメール、予定表、連絡先、仕事、メモにも対応しています。

          ただ、すべてのクライアントデバイスが対応しているわけではないことにご留意ください。

          パブリックフォルダへのアクセスには、ユーザー、ドメイン、サーバレベルでコントロールできます。

          スマートフォンの紛失時にデータだけを削除できるソフトワイプを追加

          ActiveSyncに"ソフトワイプ"機能が追加されました。

          ソフトワイプは、ワイプの工場出荷時の状態に戻すのと違い、デバイスからActiveSyncアカウントが持つデータ部分だけを削除します。

          ActiveSync for MDaemon

          アカウント認証セキュリティ強化

          MDaemonが管理するユーザーアカウントに対して、次のセキュリティが強化されました。

           
          • ユーザーアカウントの「乗っ取り」を防ぐため、一日で許容する認証失敗回数を  指定できるようになりました。
          • ユーザーアカウントのパスワード履歴を保持できるようになりました。
          • 長く利用のないユーザーアカウントを自動的に無効化することができるようになりました。

          WorldClientのLookOutテーマをアップデート

          WorldClientのLookOutテーマで次の機能を追加しました。

          • 送信済メールの一覧画面へ、再送信ボタンを追加しました。
          • 頻繁に利用するフォルダを「お気に入り」フォルダとして指定できるようになりました。
          • フォルダ作成画面で、サブフォルダを併せて設定できるようになりました。

          最新バージョンへのアップデートをぜひご検討下さい。