Dropboxの使い方

ご質問の詳細

WorldClientとのDropbox連携について具体的なDropbox設定手順を教えてください。

回答

 

MDaemonのバージョン17より、WorldClientでエンドユーザーが受信したメールの添付ファイルをDropboxに保存したり、WorldClientでメールを作成する際、Dropboxにあるファイルへのリンクを本文へ追加できるようになりました。

Dropboxの初回設定方法は次の通りです。

  1. Dropboxアプリケーションを作成する
  2. MDaemonのDropboxサポートを有効にする
  3. WorldClientのDropboxアカウントに接続する
  4. 添付ファイルをDropboxに保存する
  5. WorldClientで作成されたメッセージにDropboxの添付ファイルをリンクする

Dropboxアプリケーションの作成

	
1、次のリンクをクリックしてください。:https://www.dropbox.com/developers/apps/create 	
2、Dropboxアカウントを作成します。	
  	
3、Dropboxをインストーラーの手順に従ってインストールします。
		
4、インストールが完了すると、メールが届くので、【メールアドレスの確認をする】をクリックします。
	
5、クリックすると下の図のような画面が出るので、画面右の自分のユーザー名を開いて、設定を押します。 6、設定画面の下の【コミュニティ】の欄の【開発者向け情報】を押します。 7、クリックした先の画面の画面左側のMyappsをクリックし、その先の【Create app】を押します。
8、1の【Choose an API】の【Dropbox API】にチェックを入れます。   2の【Choose the type of access you need】の【Full Dropbox】にチェックを入れます。 3の【Name your app】には、重複のない名前を入れます。   名前を入れるとチェックボックスが出てくるのでチェックを入れ、【Create app】を押します。

9、【Development users】の右の【Enable additional users】をクリックしOKを押します。 10、【Settings】の【OAuth2】の【Redirect URIs】には、安全なURLを入力し、【Add】を押します。   注:WorldClientではHTTPSを有効にする必要があります   例:https://mail.company.test/WorldClient.dll?View=OAuth&AuthRequest=Dropbox 11、【Allow implicit grant】を【Allow】->【Disallow】に変更します。 12、【Chooser/Saaber domains】にMDaemonドメイン名を入力し、【Add】を押します。 以上で、Dropbox側の入力は完了です。

MDaemonのDropboxサポートを有効にする

1、MDaemonGUI1を開きます。	
2、セットアップを選択します。
3、WebとIMサービスを選択します。
4、WorldClient(Webメール)の下にあるDropboxメニューをクリックします。
5、【Dropbox統合を有効にする】チェックボックスをオンにします。



6、Dropboxによって生成されたDropboxアプリキーとDropboxアプリシークレットを入力します。
7、Applyをクリックします。
8、【OK】をクリックします。
	
・ユーザーごとにDropboxの統合を有効にするには	
	
【Dropbox Integrationを有効にする】チェックボックスをオフにします。
ユーザーの/MDaemon/Users/(ドメイン)/(ユーザー)/WCフォルダに移動します。
テキストエディタでUser.iniファイルを開きます。
Add Dropbox Access Enabled=【User】セクションでYesを押します。	
	

WorldClientのDropboxアカウントに接続する

	
	
1、有効になったら、ブラウザを開いてWorldClientのログインページに移動します。
2、ログインすると、ブラウザの上部に連携が有効になった旨のメッセージが表示されます。
  		
3、【GO】を選択すると、ブラウザは【CloudApps】メニューをロードします。
  ※このメニューは、オプションアイコン【歯車のアイコン】を選択し、
   クラウドアプリをクリックすることによってもアクセスできます。 4、手順を確認して、【Dropboxのセットアップ】ボタンを選択します。 5、終了するとページが更新され、接続されたDropboxアカウントのオプションが提供されます。

添付ファイルをDropboxに保存する

		
	
1、添付ファイル付きのメールを開くと、ファイル名の右にDropboxのアイコンが表示されます。
2、DropboxアイコンをクリックするとDropboxアカウント内のWorldClient_Attachmentsフォルダ	
  に添付ファイルを保存します。
	
	
	
	
3、DropboxのアイコンをクリックするとWorldClient_Attachmentsフォルダに、添付ファイルを保存するかどうかのポップアップが表示されます。
 	
		
・添付ファイル1つの保存データ容量は150MBです。
・【今後は質問しない】にチェックを入れると、ポップアップは次回から表示されなくなります。
・MDaemon17.0 ではフォルダ名【WorldClient_Aattachments】を変更できないので、ご注意ください	
・保存先にWorldClient_Attachmentsフォルダが存在しない場合は、保存時に自動で生成されます。
	

WorldClientで作成されたメールにDropboxの添付ファイルをリンク付する

			
	
1、WorldClientで新しいメッセージを作成します。
	
2、Dropboxアイコンをクリックすると、使用可能なDropboxフォルダが新しいウィンドウで表示します。
  ログインしていない場合はDropboxへのログインが必要です。
		
3、開いた中からメッセージに追加するファイルを選択します。
		
4、ファイルはメールの本文にリンクとして表示されます。

5、リンクを選択すると、ファイルを閲覧、ダウンロード、共有することができるDropboxアイテムにブラウザが開き、   受信者側がDropboxを使っていなくても、リンクからファイルをダウンロードすることができます。 注:リンクを張ってメールを送る際に下の図のような表示がでるのでOKを押します。   (Dropbpxの仕様で表示がでてしまいます) 以上がDropboxとMDaemonの統合から実際の使用方法の手順となります。

関連情報