ETRN

読み方:イーティーアールエヌ

ETRNとは、[Extended TURN]の頭文字をとった略です。
自分のSMTPサーバから他のSMTPサーバに対して、メールの送信や、送信待ちメールのデキューのリクエストを行うSMTPの拡張機能です。
SMTP自体にはメールをリクエストする機能がないので(通常、メールはIMAPプロトコルあるいはPOPによってリクエストされます)、このETRNリクエストを使用することにより、 リモートサーバにSMTPセッションの開始を要求して、そこに格納されているメールをリクエスト内で指定されたホストに送信させることができます。

TURNコマンドをこの目的に使用するのは安全性の上で危険な場合があります。それは、このコマンドによりSMTPセッションがリバースされ、実際にはメールを送信してもらいたいサーバに対して、格納しているメールを何の認証もなしにすぐに送信してしまうことがあるからです。そこで、ETRNはセッションをリバースするのではなく、新しいSMTPセッションを開始します。これにより、リクエストを行う相手のサーバが[成りすまし]のホストである場合は、送信サーバは本当のホストに対しての配信を行い続けることができます。現在、Authenticated(認証) TURN(ATRN)という新しい規格が提案されています。これはTURNコマンドのようにSMTPセッションをリバースしますが、その前に認証を必要とします。この新しい規格はオンデマンド メール リレー(ODMR)です。Alt-N Technologies社のMDaemonサーバは、ETRNとODMRのATRNの両方をサポートします。

 

« Back to Glossary Index
カテゴリ:   .
  このURLをブックマークへ追加