Security Gateway for Exchange/SMTP servers

スパムやウィルスを除いて必要なメールだけをアーカイブ

以前、実際に拝見した中に、毎分3,000通、一日約180,000通のメールを受信している環境がありました。ここでウィルスやスパムメールを排除したところ、実際に必要なメールは、一日約30,000通程でした。

このような環境では、メールのアーカイブを検討するにしても、スパムメールやウィルス付メールを全部保管してしまうと、ディスク容量だけでなく、それにかかる運用負荷も大きなものになってしまいます。

SecurityGatewayを使うと、予めウィルスやスパムを排除し、必要なフィルタリングなども行った上で、本当に必要なメールだけを配信対象として処理する事ができます。

securitygatewayでスパムチェックしMailStoreでアーカイブ

上記構成のポイント

  • SecurityGatewayを配置することによって、ウィルスやスパムを除いた『必要なメール』だけをアーカイブする事ができます。
  • SecurityGatewayは、隔離されたメールがあると、宛先ユーザへ通知し、受信するかどうかはエンドユーザーが判定するため、誤検知が原因で、メールが到着しない、といった危険もありません。ユーザー宛の通知やレポート機能についての詳細はこちらをご覧ください。
  • MailStoreでアーカイブされたメールは、監査やバックアップ、業務の引継ぎなどにも活用頂けます。
  • MailStoreでアーカイブされたメールはMailStore上でいつでも検索・確認が行え、ブロックされたメールについてはSecurityGateway上で検索や確認が行えます。
ページトップへ

ご購入評価版ダウンロード


Copyright c 2013-2015 WarePortal