Security Gateway for Exchange/SMTP servers

複数ドメインでも一括スパム・セキュリティチェック

例えばアルバイト用、関連会社用、等、複数のメールサーバーを管理している環境は、意外に多くあります。サブドメインがそれぞれ異なっていたり、使っているメールサーバーもそれぞれのドメイン毎に違っているケースも多くあります。「SecurityGateway for Exchange/SMTP servers」は、ゲートウェイ型で配置でき、複数ドメインにも対応しています。受信メール・送信メールの両方に対して、スパムやウィルス、不正なメールをチェックした上で宛先メールアドレスを基に、適切な宛先サーバーへメール配信を行います。

Security Gateway for Exchange/SMTP serversによるセキュリティチェック

Exchangeサーバーをお使いのお客様向けのポイント

Exchangeサーバーをお使いの環境で、Exchangeサーバー自身の負荷を軽減する目的で、Security Gatewayを選択頂く事は数多くあります。 企業やドメイン名により、一日に受信するスパムメールの割合は大きく異なりますが、Security Gatewayを導入頂くと、スパムチェックを行った上で、正しいメールのみがExchangeサーバーへ配信されます。お客様によっては、一日のメール送受信量の内、96%がスパムメールだった、というケースもありました。Exchangeサーバー側で処理するメール量は、スパムメールではないと判定されたもののみになるので、システム負荷は大幅に軽減できます。

もちろん、スパムと思われるメールを全て勝手に削除してしまう事はありません。スパムメールとして判定したメールや、疑わしいメールは、宛先ユーザー毎の隔離フォルダへ一時保管し、宛先ユーザーへ隔離メールの存在を通知します。通知を受け取ったユーザーは、ブラウザから専用管理画面へログインし、メールの内容を基に、隔離メールを削除するか、解放するかを選択します。ここで判断した結果は自動学習されるので、同じ通知が繰り返し到着する事もありません。

このように、ユーザーへのメール不達を心配する事なく、セキュリティの強化を図る事で、既存のメールサーバーがスパムメールの処理に費やしていた負荷を、本来処理するべきメールの処理にのみご利用頂けます。

前のページへ戻るページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal