Security Gateway for Exchange/SMTP servers
Home製品一覧SecurityGateway for Exchange/SMTP serversSecurityGatewayの
アカウント管理

SecurityGatewayのアカウント管理

SecurityGatewayのユーザ管理

SecurityGatewayは、管理機能にも柔軟性を持たせることで、お客様の多彩なニーズにお答えできる製品となっています。

まず、ユーザー情報を登録する際には、CSVファイルから一括登録が行えます。

運用の中で、ユーザが追加された際にも、SecurityGatewayは、メール受信時に、複数の方法でユーザー情報が正しいものがどうかを検証し、正しいものと判断した際には、該当のユーザを自動生成します。

ユーザ検証

存在しないユーザ宛てのメールが、スパムメールとして大量に送られてくる環境も多いと思います。存在しないユーザかどうかを判定するために、SecurityGatewayには、SMTP Verification (SMTP認証), Active Directory/Exchange, MDaemon (Minger), LDAP、と、4つの検証方式から選択できるようになっています。ユーザの存在確認に加え、ここで検証し、SecurityGatewayに存在しないユーザがいた場合には、該当ユーザのアカウントの自動生成も行います。

ODBC / AD(Active Directory)連携

指定された間隔で、既存のADやODBCの更新状況を監視し、ユーザー情報の同期を行うことができます。

アクティブディレクトリ連携

各ユーザーが隔離メールを自分自身でコントロール

隔離メールは、管理者だけでなく、メールの宛先であるユーザーが、自分自身で確認したり、スパムかどうかの振り分けが可能です。管理負荷が大幅に軽減できます。

ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal