ProtectionPlus for SecurityGateway

ProtectionPlus for SecurityGateway

ProtectionPlus for SecurityGateway

ProtectionPlusは、Kaspersky Lab社のエンジンを使った、シグニチャベースのアンチ・ウィルスに加え、Commtouch社の、RPDをベースにしたメール配信パターン検出技術により、未知のウィルスにも対応した、SecurityGateway for Exchange/SMTP servers用アンチウィルスプラグインライセンスです。

ProtectionPlus for SecurityGatewayは、シグニチャ・マッチングやOutbreak Protection (大規模感染保護) といった追加のセキュリティレイヤーを、SecurityGatewayサーバへ追加するためのオプションライセンスです。

ProtectionPlus for SecurityGatewayを利用し、スパムなどのメールをネットワークの入り口で振り分けることで、帯域やハードウェアリソースや応答速度などのネットワークリソースを開放することができます。 これにより、社内・社外とのコミュニケーション手段であるメールシステムの改善が図れます。

コンピューターウィルスの基礎について

ProtectionPlus for SecurityGatewayの特徴

カスペルスキーのエンジンによるシグニチャマッチング

既知のウィルスに対しては、定評のあるカスペルスキーのアンチウィルスエンジンを使ってシグニチャ・マッチングを行います。



シグニチャファイルの自動更新と緊急アップデート

シグニチャマッチングで使用されるウィルス情報のデータベース、シグニチャファイルは、毎日自動更新と自動インストールが行われるため、管理者が意識する事なく、常に最新のウィルスから、メール環境の保護を行う事ができます。また、危険な即時感染するウィルスがが発生した際には、緊急アップデート機能により、シグニチャファイルが提供されるとすぐに、該当ファイルの自動インストールを行い、ウィルス感染を防ぎます。これらのアップデートログは、いつでも管理画面からご確認頂けます。

Protection Plus for Security Gateway



OutbreakProtectionで新型ウィルスからも防御

ProtectionPlus for SecurityGatewayはoutbreak protection技術を使って、新しいスパムやマルウェアの拡散を素早く保護できます。 この技術は、メールの配送パターンをインターネット上の迷惑メール配送パターンと比較分析します。この反復パターンを蓄積しているデータベースは、一日60億通以上のメールをもとに作成されており、リアル・タイムでアップデートされます。これによって、お客様は、新たな脅威が拡散し始めてから、1時間の間には確実にシステムを保護できるようになるのです。

ProtectionPlus for SecurityGatewayのOutbreak protectionはシグニチャ・マッチング方式を補完する手法であり、迷惑メールや不正メールに対し、これまでにない保護機能を提供しています。

同一の管理画面でメールセキュリティをまとめて管理

ProtectionPlus for SecurityGatewayの設定は、SecurityGatewayの管理画面から、他の機能と同様に一元管理できます。このため、複数製品を運用した場合に生じる、個々の管理も必要ありません。管理者の運用負荷を最小限に抑えることができます。


pp3.png(77064 byte)


リリース情報


更新情報

ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal