Outlook Connector for MDaemon

Microsoft Outlookは世界中で広く使用されていますが、Outlookをグループウェアとして活用するには、Exchangeサーバーが不可欠だと思っている人も多いのではないでしょうか。

Outlook Connectorとは、Exchangeサーバーがない環境であっても、Outlookを使ったスケジュール共有やメールボックス共有を行うための、MDaemonオプションライセンス製品です。MDaemonには、標準でスケジュールやメールを共有できる「グループウェア機能」が搭載されており、同様に標準搭載されているウェブメール「WorldClient」からアクセスできます。これを、ブラウザからだけでなく、多くの人が使い慣れている「Outlook」からも接続できるよう開発されたのが、この「Outlook Connector for MDaemon」です。

Outlookとの連携

Outlook Connector for MDaemonを利用すると、Outlookの共有機能をMDaemonのグループウェア機能と連携させることが可能になります。

MDaemonをメールサーバープラットホームとして、Outlookユーザーはカレンダー、メッセージ、連絡先、タスク、メモ、その他様々な機能を共有することができます。


Outlookで行った追加や変更は、サーバー上でリアルタイムに同期されます。

同期を行うにあたり、ユーザー側の作業は必要ありません。

Outlookコネクタをインストールすると、まずは既存のOutlookユーザーがMDaemon上で一括登録できるようになります。ユーザー権限は、閲覧のみのものから、全ての情報を変更できるユーザー権限まで、管理者側で指定できます。

各ユーザーのメールボックスも、Outlookコネクタは、受信メールの全てをMDaemon側ではなく、Outlookの受信フォルダへ転送するので、管理者の手間も増えることはありません。

Outlook Connector for MDaemonの特徴

簡単に、柔軟な共有を実現

Outlook Connector for MDaemon

Outlookを介して、それぞれのアカウント用のフォルダーに、他のアカウントに対するコンテンツ共有オプションが付与されます。

Outlook Connectorは、MDaemonに組み込まれているスケジュールデータを参照します。このため、MDaemon上で保持しているメールやスケジュールなどの情報が、WorldClientウェブメールからも、Outlookからも、閲覧・更新が行えます。



細かな権限設定

共有する際の権限設定も細かく行えます。閲覧権限のみを許可することも、フォルダ削除の権限まで与えることも可能です。



共有権限の統合

Outlook Connectorは、MDaemonに標準パッケージされているウェブメール機能(WorldClient)やOutlookと同じ情報を基にアイテム共有を行います。そのため、Outlook Connectorで行われているフォルダ共有は、ウェブメールを使った場合でも全く同じ条件で行われます。



メールボックスも共有

IMAPプロトコルでメールボックスを共有できます。



ユーザーが増えてもライセンスは差分の金額でアップグレード

ライセンスは、Outlook Connectorを利用するユーザー分だけでよく、マシン台数分ご購入いただく必要はありません。また、ユーザー数が増えた場合のアップグレードも、追加ユーザー数分のライセンス価格の差額分で行えます。つまり、御社の成長に合わせて、ご利用ライセンスを追加購入して頂けます。



Outlook Connector for MDaemonの主な機能

Outlook Connector for the MDaemonをご利用頂くと、MDaemonをメールサーバーとしてご利用頂くだけでMicrosoft Outlook®を、社内で情報共有するためのグループウェアとしてご利用頂けるようになります。ここでは、Outlook Connectorについて、主な機能や特徴を、次の通りご紹介します。


Outlookとの連携

MDaemonをメールサーバーとして使用する事で、Outlookを使ったメールや予定表、連絡先、メモ、仕事の共有が簡単に行えます。

多くの人が使い慣れているOutlookをグループウェアとして使うため、新しいグループウェア製品の導入では必要な、操作手順書の作成や、使用方法の教育を改めて行う必要はありません。




シンプルな管理機能

  • サーバーやドメイン単位で設定できます。
  • 一括か個別でのユーザー追加が行えます。
  • 初回利用時にOutlookユーザーを自動追加できます。
  • 連絡先情報を最新に保つ事ができます。
  • 細かな設定オプションで環境に応じた微調整が行えます。



標準プロトコルをベースにした安定性

Outlook ConnectorはMDaemonと同様、独自仕様に依存する事なく、SMTP・IMAPの標準プロトコルを採用する事で、安定性を実現しています。

インストールや初期設定もシンプルな手順で行えるよう設計されています。




共有フォルダへのアクセス権

選択しているフォルダや、対象フォルダ以下にある全てのサブフォルダに対して、参照や変更、削除や追加など、細かなアクセス権を設定し、共有する事ができます。




Outlook Connector for MDaemonによるグループウェア機能

Outlook Connectorのもつグループウェア(スケジュール管理・共有機能)は、多くのユーザーが使いなれたOutlookの予定やメールを社内で共有する大変便利な機能です。MDaemonには、WorldClientと呼ばれる、ブラウザベースのグループウェア機能が標準パッケージされており、Outlook Connector同様、WorldClientもMDaemonの情報を同期するため、WorldClientを使って、Outlookの持つカレンダーやスケジュールを、他のユーザーとブラウザでも共有できるようになります。

社内ではOutlookにてメール送受信、や予定表の管理をおこない、モバイルはWorldClientによりメール送受信や予定表を確認することが可能です。

Outlook Connector for MDaemonの動作環境



Outlook Connector for MDaemonサーバーの動作環境

Outlook ConnectorはMDaemonオプションとして稼働します。MDaemonサーバー14.0以上が必要です。

このため、サーバー動作環境は、MDaemonの動作環境に準拠します。MDaemonの動作環境を併せてご参照下さい。



Outlook Connector for MDaemonクライアントの動作環境

CPU
Pentium III 500MHz以上または同性能の互換CPU
Pentium 4 2.4GHz以上推奨)
対応OS Microsoft Windows XP/Vista/7/8/10
Outlook Microsoft Outlook 2003, 2007, 2010 (32/64 bit), 2013 (32/64 bit), 2016 (32/64 bit)
メモリ 256MB以上(512MB以上を推奨)
ディスク Outlook Connectのインストールには5MBが必要です。
*パフォーマンスと互換性を保持するために、Outlookコネクタは、ローカルにキャッシュをもちます。時間とともに増大するキャッシュファイル用に、追加のディスク容量が必要になります。
Outlook Connectorの1プロファイル毎に、300MBの空き容量の確保を推奨しますが、実際に必要となるディスク容量は環境により異なります。
ブラウザ Microsoft Edge 1.0, Internet Explorer 6.0, FireFox 1.5, Opera 8.5, Safari 3.0 (またはそれ以降のバージョン)
その他 - Microsoft Internet Explorer 5.5以降
- 1枚以上のネットワークカード
- TCP/IPネットワークプロトコルのインストール