WorldClient -ワールドクライアント-

メール・予定表・連絡先・仕事の管理がそれぞれでも共有でも行えるMDaemon標準搭載のウェブメールサーバー

WorldClientの主な機能

メール

テンプレート機能や送信取消機能など、便利にお使い頂ける多くの機能を標準搭載しています。また、MultiPOPを使って別のメールアドレス宛メールを代理受信する事もでき、複数のメールアドレスを一元管理できます。

予定表

日・週・月・年の単位で表示が行える予定表機能も搭載されており、個人や共有予定を簡単に把握できます。表示単位は、ボタンをクリックするだけで簡単に切り替えられます。また、週間表示の場合には、7日間表示と5日間表示を必要に応じて選択できます。

連絡先

連絡先として登録した情報は、メールの送受信はもちろん、スマートフォンのアドレス帳とも同期する事ができ、スマートフォンからお客様への連絡を行う際などに、最新の電話番号などの情報を参照する事ができます。

仕事

進捗管理も行えるTo-Doリストもブラウザから利用できます。重要度別に並べ替えが行えます。

メモ

忘備録としての利用はもちろん、メール本文をメモとして保存する事もできます。

ファイル

ファイルのアップロードし、他のユーザーと共有したり、メールへ添付したりできます。添付ファイルからファイルを取り出しURLを代わりに挿入する添付ファイル機能とも連携します。

2段階認証

従来のパスワード認証に加え、6桁のコード入力を求める2段階認証が行えます。詳細はこちらから

送信取消

送信したメールの取消を指定時間内に行える、送信取消機能をご利用頂けます。詳細はこちらから

チケットシステム

特定のアドレスでやり取りするメールを自動で振り分けし、チケット番号を発行します。詳細はこちらから

2段階認証

ウェブメールWorldClientやブラウザ専用管理ツールRemote Administrationへのログオンへ、パスワードと認証コードを求める2段階認証をお使い頂けるようになりました。この機能はGoogle認証システムに対応している全てのクライアントで利用できます。

従来は、ウェブメールやRemote Administrationへのログインは、ログインIDとパスワードでの認証を行っていました。ただ、パスワードは予測しやすいものであったりした場合、盗まれたり、悪用される可能性が高いのも事実です。特に、Remote Administrationに対しては、MDaemonの設定やログが確認できる利便性に対し、パスワード認証に対する不安の声もありました。そこで、従来のパスワード認証に加え、「認証コード」という6桁のコード入力を求める2段階認証を、本バージョンで新たに追加しました。

認証コードは数分毎に変化するため、これを確認するためのアプリが必要です。(AndroidやiPhone用にはこの「認証コード生成アプリ」が提供されています。)ログイン時にはアプリを起動し、一定期間毎に変更している認証コードをログイン後に入力します。正しい認証コードであれば、2段階目の認証も完了します。

Google認証システム「認証コード」生成アプリのご紹介


メッセージリコール(送信取消機能)

WorldClientでは、誤って送信してしまったメールを指定時間内(5分間など)であれば取り消す事ができる、メッセージリコール機能を提供しています。送信が実際に取り消されたかどうかの結果は、メール送信者へ通知されます。メッセージリコールはWorldClientや、Outlookを始めとしたメールクライアントでご利用頂けます。メッセージリコールの詳細はこちらを併せてご覧ください。

チケットシステムやドキュメント共有で必要な情報を便利に共有

チケットシステムの搭載で、サポートチーム間などでメール共有が自動で行えるようになりました。また、ドキュメントフォルダがユーザー毎に生成され、フォルダ内で任意のファイルを必要なメンバーとだけ共有する事もできます。チームで活動する際に便利な機能が数多く搭載されています。

WorldClient Instant Messengerで新着メールも通知

MDaemonに標準搭載パッケージされているWorldClient Instant Messengerをクライアントコンピュータで稼働させることで、WorldClientをより便利にお使い頂けます。ComAgentがデスクトップ上で新着メールを監視し、新着メールが届くと、WorldClientからメールの確認が行えます。WorldClient Instant Messengerは、Windowsアドレス帳やOutlookアドレス帳の連絡先をWorldClientを同期させることもできますし、MDaemon を介した安全なインスタントメッセージャーとしても機能します。

WorldClient Instant Messengerに関する詳細はこちらから

WorldClient テーマ別スクリーンショット

ユーザー毎にお好みのデザインを6種類のテーマから選択して頂けます。スマートフォンからのアクセス時には、モバイルテーマへ切り替わるといった柔軟性にも優れています。

WorldClientが選ばれる理由

WorldClientのメリットをご紹介します。


社内の標準メーラーとしても利用できる操作性

ドラッグ&ドロップでのファイル添付を始め、デスクトップとよく似た操作性で、社内の標準メーラーとしても多くご利用頂いています。メールの振り分けや自動応答の設定など、これまでメーラーで行っていた機能と同様の環境へ、ブラウザさえあればどこからでもご利用頂けます。

ユーザー毎の高い柔軟性

WorldClientには複数のテーマが組み込まれており、ユーザー毎に、インターフェイスの色やデザインを変更できます。パスワードの変更なども行えるため、管理負荷の軽減にもなります。

モバイルアクセスにも標準対応

また、WorldClientはiPhoneBlackBerryといったスマートフォンにも対応済みで、スマートフォンからの接続時には、モバイル用のテーマを選択して頂く事で、スマートフォンからも簡単に操作できるようなデザインへ切り替え、ご使用頂けます。

受信ボックスのメール全てではなく、特定のフォルダだけをスマートフォンへプッシュ配信する、といった設定もユーザーが個々に行えます。