TOPへ↑
MDaemonメールサーバーソフトウェア

Outlook2013ユーザー向けTips-IMAP, Outlook Connector, ActiveSyncの違い

Outlook 2013のリリースによって、ユーザーはMDaemonで情報共有を行うための選択肢が更に広がりました。ここでは、他のユーザーとの間で共有したい情報の種類に応じてた、3つの方法とその違いをご紹介します。

例えば、MDaemonで使いたい機能が個人用のメールと共有メールボックスのみであった場合、IMAPの利用がニーズに最も適しています。共有メールフォルダとグループウェアフォルダを使いたい場合であれば、Outlook Connectorが必要です。ActiveSyncは個人のメールフォルダや予定表、連絡先、タスクへOutlook 2013からアクセスするのに使う事ができます。

IMAP

IMAPとは、各ユーザーが自分のメールやパブリックフォルダ、共有フォルダのメールを受信するための方法の1つです。メールサーバー上で、メールボックスを管理しているため、異なる複数の場所から、未既読状態も含めて、いつでも必要な情報にアクセスできるというメリットがあります。



Outlook Connector for MDaemon

Outlook Connector for MDaemonを使うと、上記のIMAPの持つ機能に加え、個人/共有されている他のメンバーの連絡先、仕事、予定表、メモへアクセスする事ができます。Outlook Connectorでは、自分からの情報へのアクセスに加え、自分の予定表や仕事、メールボックス等に対する他のメンバーのアクセス権も設定する事ができます。Outlook Connectorは、Outlook 2002, 2003, 2007, 2010, 2013でご利用頂けます。



ActiveSync for MDaemon

Outlook 2013ユーザーは、ActiveSync for MDaemonでもMDaemonメールサーバーへのアクセスが行えます。ActiveSyncを使うと、個人/パブリックのメール、予定表、仕事、デフォルトの連絡先情報へアクセスできます。ただし、共有フォルダやメモ、パブリックの連絡先へのアクセスはできません。ActiveSyncは、Outlook 2013の場合のみご利用頂け、別途ソフトウェアのインストールを行う必要はありません。



戻る ページトップへ戻る


アクセスできる情報の比較表

機能IMAPOutlook ConnectorActiveSync
メール Yes Yes自分の分のみ
連絡先 Yes自分のデフォルト連絡先のみ
予定表 Yes Yes
仕事 Yes Yes
メモ Yes
パブリックフォルダメールのみ Yes Yes
連絡先とメモは除く
共有フォルダメールのみ Yes


戻る ページトップへ戻る
WarePortal