TOPへ↑
MDaemonメールサーバー

MDaemonリリースバージョン別機能一覧

MDaemonのリリースバージョン毎に追加された機能をご紹介しています。バージョンアップのご検討の際などにご参照下さい。なお、バージョンアップを外部へ任せたいお客様向けには、バージョンアップ支援サービスもぜひご検討下さい。

MDaemonのエディション別機能一覧はこちら
リリース別の主な機能
MDaemon Messaging Serverの機能 搭載開始バージョン
ActiveSyncマイグレーションクライアント 16
スパムボット検出 16
CardDAV対応 16
2段階認証 16
XML APIの提供 16
メールと添付ファイルの暗号化 15.5
CalDAV対応 15.5
パスワードリカバリ機能 15.5
IPv6対応 15
64-Bit版提供開始 15
アカウントマネージャのアップデート - アカウントのフィルタ表示 15
エンドユーザーのパスワード管理 - 安全ではないパスワードレポート 15
エンドユーザーのパスワード管理 - 安全ではないパスワードの強制変更 15
WorldClientからのメール暗号化 - Virtru Email and Attachment Encryption 15
MDaemon Remote Administration - "Bad Queue Reason"の表示 15
MDaemon Remote Administrationでのセッション表示 15
メール認証 - DMARC (Domain-Based Message Authentication, Reporting and Conformance)対応 14.5
WorldClient (Webメール) - モバイルテーマでのメール転送オプション 14.5
ActiveSyncの共有フォルダ対応 - ユーザー毎のデバイス数制限 14.5
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSyncの共有フォルダ対応 14
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
WorldClientテーマの搭載 14
WebAdminをRemote Administrationへ変更し、デザインも全面リニューアル 14
MDaemon Remote Administrationへキューの管理やWorldClientの設定画面を追加 14
ActiveSyncによるパブリックフォルダへのアクセス 13.6
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync のセッションウィンドウ 13.6
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync - データのみを削除するソフトワイプ機能 13.6
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
アカウントテンプレートによる自動設定機能 13.5
ActiveSync - 2.5, 12.1, 14.0, 14.1プロトコル1 13.5
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync - パスワード期限、パスワードの複雑さレベル、最大添付ファイルサイズ、パスワードの英数字混在要求、デバイス暗号化の要求、カメラ機能の無効化、その他ポリシーの設定と配布1 13.5
ActiveSync - デバイス用ホワイトリストとブラックリスト1 13.5
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync - 無通信端末情報を管理対象からの自動削除1 13.5
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync - Microsoft Outlook 2013とWindows 8メールに対応2 13.5
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
送信メールでの添付ファイルリンク - 添付ファイルをURLリンクへ自動変換 13.5
プライベートインスタントメッセージ (ComAgent) - 複数言語対応 13.5
セッションログの色分け表示 13.5
パスワード設定と制限 13.5
パフォーマンスカウンター 13.5
パブリックフォルダマネージャ 13.5
ActiveSync - 自動検出サービス1 13
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ActiveSync - iPhone, Android, Windows Phone, BlackBerry (OS 10)とで、メール、予定表、連絡先、仕事をOver-The-Air (OTA)で同期。1

ドメイン別デバイスポリシー管理、デバイスITポリシーのカスタマイズ、パスワード設定や初期化、リモートワイプの シンプルな一元管理コンソール1
13
ActiveSyncは別途ライセンスが必要です。
ハイジャックされたアカウントの自動検出と無効化 13
IMAP "Compress"と"Binary" 13
シンプルメッセージチケットシステム 13
トラフィックチャート 13
WorldClient (Webメール) - ロゴの変更 13
WorldClient (Webメール) - ドキュメント共有 13
WorldClient (Webメール) - ドラッグ&ドロップでのファイル添付 13
アカウント別ホワイトリスト 12.5
宛先ブラックリスト 12.5
BlackBerry - 専用BlackBerry Enterprise Server (BES)でのBlackBerry (OS 7かそれ以前)管理機能: メール、ワイヤレス同期、予定表自動同期、連絡先統合、デバイスITポリシー管理、BlackBerry Balance対応、リモートファイルアクセスなど3-4

ドメイン別デバイスポリシー管理、デバイスITポリシーのカスタマイズ、パスワード設定や初期化、リモートワイプなどのBlackBerry管理用 シンプル管理コンソール 3-4
12
MDaemon専用BESのインストールが必要です。
BlackBerry - BlackBerry Internet Service (BIS)でのBlackBerry (OS 7かそれ以前)とのプッシュメール、インボックスマッピング、カレンダーと連絡先の同期に対応4 12
WorldClient (Webメール) - ComAgent for MDaemon(ComAgent)でのチャット、メンバーリスト、ログ保存、グループチャット 12
添付ファイルリンク - 必要に応じて添付ファイルを取り出しURLへ自動変換 11
添付ファイルリンク - モバイルからのクイックメッセージダウンロード 11
DKIM - DomainKeys Identified Mail 11
BlackBerry Internet Service (BIS) 連携 11
ドメイン共有 (同一ドメインを複数サーバーで分割管理) 10
メール配信スケジュール 10
Vouch-By-Reference (VBR) メッセージ証明書 10
WorldClient (Webメール) - 視覚障害者向けスクリーンリーダー対応 10
WorldClient (Webメール) - ユーザー別タイムゾーン 10
アカウントグループ 9.6
Mingerサーバーを使ったアカウント検証 9.6
バックスキャッタ保護 9.5
カスタムメールキュー 9.5
Active Directory連携 9
別プロセスで稼働するアンチスパムエンジン (MDSpamD) 9
空き時間検索機能付予定表 9
メーリングリスト - Active Directory連携 9
Sender Policy Framework (SPF)とSender ID 9
ウェブからのリモート管理 (WebAdmin) 9
WorldClient (Webメール) - UTF-8表示に対応 9
Zero Hour Outbreak Protection 9
MDaemon AntiVirusが必要です。
グレーリスト 8
DomainKeys 8
DomainKeys Identified Mail (DKIM) - 署名と検証 8
HashCash 8
Holdingキュー 8
Kasperskyアンチウィルスエンジンを使ったウィルスチェック 8
MDaemon AntiVirusが必要です。
ゲートウェイドメイン用に複数LDAP設定 8
キュー管理 8
SpamAssassin 3 8
WorldClient (Webメール) - note2s 8
WorldClient (Webメール) - 仕事 8
偽装メールアドレスの検出 7.1
アカウント/ドメイン署名 7
メーリングリスト - ODBC 7
ハニーポッド 7
スパムフィルタ - ブラックリスト、ホワイトリスト 7
WorldClient (Webメール) - モバイルテーマ 7
SSL / TLS / StartTLS 6.8
グループウェア機能 : フォルダや予定表、連絡先、仕事、ノートを特定のユーザ又は全体で共有 6.7
Outlook連携: メール、予定表、連絡先、仕事、ノートを特定のユーザ又は全体で共有 6.7
ターピット 6.5
WorldClient (Webメール) - SSL対応 6.5
自動IPスクリーニング 6
DoS, 辞書攻撃, Brute Force Attackのダイナミック検知と防御(ダイナミックスクリーニング) 6
DomainPOP 4
IMAPメールフィルタリング 4
アカウントデータベースとしてLDAPに対応 4
On-Demand Mail Relay (ODMR) 4
SMTP Auth (SMTP認証) 4
アカウントのインポート・エクスポート 3
コンテンツフィルタ 3
IMAP 3
複数ドメイン 3
ベイジアン学習とヒューリスッティック・スコアによるスパム対策 3
Recurrent Pattern Detection (RPD) 3
MDaemon AntiVirusが必要です。
アカウント制限 2
第3者中継対策 2
信頼するIPやホスト 2
WorldClient (Webメール) - メール、連絡先、予定表へのアクセス 2
アカウントクォータ 1
ブラックリスト 1
ワイルドカード対応のエイリアス 1
自動メール転送 1
メール用ポート番号、プロトコルタイムアウト、セッションタイムアウト値のカスタマイズ 1
データ格納場所を任意に変更 1
バックアップとリストアが簡単に行える(データベースを使用しない)ファイルをベースにしたプログラム構成 1
IPスクリーニング 1
IPシールド 1
メーリングリスト - 投稿専用、公開用のメーリングリストと、購読/購読解除、読み取り専用などのアクセス権設定、アーカイブ等の詳細オプション 1
自動応答機能 1
リアルタイムセッションログ 1
パブリックフォルダ又は特定のアドレスを使ったシンプルメールアーカイブ 1
SMTP, POP3, MuliPOP 1
メールの直接配送とスマートホストへの配送 1

関連ページ
戻る ページトップへ戻る


ユーザー登録やダウンロードはこちらから

関連製品・オプションライセンス
取扱い製品のご紹介
ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
WarePortal