TOPへ↑
MDaemonメールサーバーソフトウェア

メールのリコールによる誤送信対策

これまで、メール送信をした後に、 「あっ、添付ファイルを付け忘れた!」や「送信先を間違えた!」と気づき、 いま送ったメールを取り消したい、と思った経験はございませんか?
メール誤送信を経験したことがあるという人の中で、添付ファイルを忘れた経験を持つ人は45%、書きかけのメールを送ってしまった経験を持つ人は30%いるそうです。

こうした送信ミスを防ぐための機能が、メッセージリコールです。この機能により、メールは、送信ボタンを押してから数分間 (1〜15分の間で指定した時間)、実際の送信は行われずにサーバー上に残ります。その間であれば、一度は送信したメールであっても、送信処理を取り消す事ができるのです。

メールのリコールによる誤送信対策

一定時間が過ぎるとメッセージは通常通り配信されます。

実際のメール送信取消方法

WorldClientを使った送信取消

MDaemonに標準搭載されている『WorldClient』を使ってメールを送信している場合は、 メールの送信 を行なった後、"送信済みアイテム"フォルダから 取り消したいメールを選択し、「リコール」ボタンを押すだけの簡単操作です!


メールのリコールによる誤送信対策

Outlookなどのメーラーを使った送信取消その1

  1. 「送信済みアイテム」から、送信取消を行いたいメールを選択します。
  2. メールを添付ファイルとして転送します。
    Outlook 2003以降でメールを添付ファイルとして転送するには、メールオプションの[返信/転送時のスタイル] 設定を予め変更しておく必要があります。
  3. 宛先を、mdaemon@[自社のドメイン名]とします。
  4. 件名をRECALLとします。
  5. メールを送信します。

Outlookなどのメーラーを使った送信取消その2

  1. 「送信済みアイテム」から、送信取消を行いたいメールを開きます。
  2. メールのヘッダ情報から、Message-IDを確認します。次のような記述になっています。
    Message-ID: <WC20131210175314.840001@example.com>
  3. Message-ID: の後の部分をコピーします。先ほどの例の場合は、次の記述の部分です。
    <WC20131210175314.840001@example.com>
  4. 新しくメールを作成します。
  5. 宛先を、mdaemon@[自社のドメイン名]とします。
  6. 件名をRECALLと先ほどコピーしたMessage-IDの組み合わせにします。次のような書式になります。
    RECALL <WC20131210175314.840001@example.com>
  7. 本文には何も入力せずにメールを送信します。
戻る ページトップへ戻る
ページトップへ


ユーザー登録やダウンロードはこちらから

関連製品・オプションライセンス
取扱い製品のご紹介
ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
Copyright c 2015-2020 WarePortal